FC2ブログ


2017年02月15日 (水) | Edit |
イギリスの自動車購入サイト「Hellocar」が125万ドル調達
http://jp.techcrunch.com/2017/02/14/uks-hellocar-secures-1m-to-to-disrupt-uk-car-buying-market/
自動車購入サイトを展開するイギリスのHellocarは現地時間11日、資金調達ラウンドで100万イギリスポンド(約125万ドル)を調達したと発表した。本調達ラウンドをリードしたのは、Innocent Drinksの創業者が創始したJamjar Investmentだ。その他にも、Zoopla Property Group創業者兼CEOのAlex Chesterman氏も参加している。また、Founders FactoryのCEOであり、lastminute.comの創業チームの1人でもあるHenry Lane Fox氏がHellocarの取締役に就任することも同時に発表されている。Hellocarは今回調達した資金を利用して、イギリスのマンチェスターにビジネスを拡大するとともに、既存チームの強化を狙う。  Hellocarを創業したのは自動車業界のアントレプレナー、Nic Carnell氏だ。Hellocarで、彼は自動車の購買プロセスから自動車ディーラーを取り除いた。イギリスの自動車業界を対象にした調査結果によれば、自動車ディーラーを信用していると答えたのは全体のわずか7%であり、80%の人々が自動車の購買プロセスにストレスを感じると答えている
日本ではカーセンサーですかね。どうでもいいけどカーセンサーの「検索」はタコですよね。
2017年02月15日 (水) | Edit |
MITが音声認識機能を低電力チップに収めることに成功、音声が聞こえたときだけ本体部が動き出す
http://jp.techcrunch.com/2017/02/14/20170213mit-speech-chip/
MITが今日(米国時間2/13)、音声認識チップの開発を発表した。その発表によると、このチップを使うと各種応用製品の音声認識処理の部分の電力消費量が90〜99%節減される。音声技術は今やモバイル製品のほとんどに実装されており、中でもとくに、Siri, Alexa, Google Homeといった音声アシスタントアプリの人気がそのニーズを急増させている。このチップによりそれらの関連回路やソフトウェア部品が大幅に単純化されそうだ。  MITの開発チームは、IoT方面のユースケースをとくに強調している。音声対応を要するそれらのデバイスの電池寿命が、“数日”のレベルから一挙に“数か月”のレベルに向上することが期待される。教授のAnantha Chandrakasanはこう述べている:  ウェアラブルのアプリケーションやインテリジェントなデバイスにおいて、音声入力が自然なインタフェイスになるだろう。それらのデバイスは小型化が求められるから、タッチやキーボードなどとは違うインタフェイスが求められる。音声機能をクラウドではなくデバイス本体に埋め込む必要があるから、低電力消費は絶対的な条件である。  このチップには“音声活動を検出する(voice activity detection)”回路があり、音声と環境ノイズを区別する。そして自分に向けられた音声を認識したら、そのときにのみ、チップ上の音声認識ハードウェアに電源が入る
すげー、90%も省電力化されるのか。ぜひアレクサくんに使ってほしいぞ。
2017年02月15日 (水) | Edit |
PCがゲーム機に!高まる「Steam」人気―公式コントローラーの店頭販売も開始
https://internetcom.jp/202160/steam-controller
PC向けゲームアプリケーション「Steam」の人気上昇を受け、ゲームを遊びやすくする公式の周辺機器を国内のパソコン専門店が販売開始した。まずは「ドスパラ」「パソコン工房」「グッドウィル」が取り扱い、順次拡大していく。  SteamはiPhoneやAndroidスマートフォンの台頭で以前より使う機会の少なくなったPCに、高性能かつ手軽なゲーム機として活躍の場を与えるもの。最近は古くからの熱心なPCゲームファン以外にもすそ野が広がり、注目の的となっている。  Steamで遊べるゲームの多くはキーボードとマウスで操作が可能だが、「PlayStation」「Xbox」のようなコントローラー(ゲームパッド)でより快適に楽しみたい人向けに公式の周辺機器も登場している。  店頭販売が始まったのは、ゲームパッド「Steamコントローラー」と、PCから離れた場所にあるテレビ/ディスプレイでもゲームを遊べるようにする中継装置「Steamリンク」。いずれも2016年からインターネット通販で購入できるが、新たに実店舗でも入手可能になった
最近よく聞くSteamですけど、PCでゲームが定番になるのだろうか。
2017年02月15日 (水) | Edit |
「PCにアンチウイルスは不要」それって本当?―カスペルスキーは反論
https://internetcom.jp/202158/sunset-of-pc-anti-virus
先日Webブラウザー「Firefox」の開発にたずさわっていたRobert O’Callahan(ロバート・オキャラハン)氏が、PCにはWindowsのセキュリティ機能で保護は十分で、ほかのアンチウイルスは無効にすべき、という見解を明らかにした。そうしたアンチウイルスの影響でかえってブラウザーなどが適切なセキュリティ機能を導入しづらくなっていると非を鳴らしている。  日本でもアンチウイルスの影響に迷惑を感じている多くの人が賛成し、話題として広まった。  さて、アンチウイルスの開発を手掛けるセキュリティ企業は邪魔もの扱いを受けてはおさまらないのか、カスペルスキーのAlexey Malanov(アレクセイ・マラノフ)氏が反論の記事を執筆した。日本語訳もある。  主張の一部を紹介すると、確かに、普段からWindowsや各種アプリを最新に保ち、信頼できないWebサイトは閲覧せず、メールの疑わしい添付ファイルを開かない、怪しいリンクはクリックしない「意識の高い」人は、今やマルウエア(悪意あるソフトウエア)などの感染リスクは低いという。  しかしネットを利用している人の多くはそうではない。私生活では母親が紹介してきたリンクをクリックしたい、友人が教えてくれたWebサイトを見たい、会社では就職希望者がメールで送った履歴書のファイルを開きたい。そういう人にとってアンチウイルスは「シートベルトやエアバッグと同じくらい重要」だという
そりゃアンチウィルスソフトの人は必要だって言うよね。これってどうなんでしょう。ディフェンダーでおkなんじゃないかなー。
2017年02月15日 (水) | Edit |
畑から人が消える? 「無人トラクター」来年発売 農業にも自動運転の波
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1702/14/news054.html
農業にも自動運転の波が押し寄せている。農機大手のクボタは来年、無人トラクターの販売を開始する予定で、ヤンマーも開発を加速させている。公道を走る自動車とは異なり自動運転の法的なハードルは低く、担い手の高齢化対策になるとの期待は高い。だが、問題はやはり価格の高さ。安全性を確保することも重要な課題だ。1月25日にクボタが京都府内で開催した報道陣向けの発表会。稲作での耕運作業、植え付け、収穫までの年間の農作業を、無人の自動運転で行える農機3機種が披露された。「利用者の労力がほとんどいらない」(同社)という。専用のリモコンのボタンを押すだけで運転が開始されるので、複雑な操作が苦手な高齢者でも簡単に扱える。しかも2時間余りで1ヘクタールの耕運が可能で、通常の農機と効率性は変わらない
耕うんや田植え、稲刈り、全部自動になりそうですよね。ガソリン入れるだけ。あとはGPSで完了。
2017年02月15日 (水) | Edit |
PlayStation VR『DRIVECLUB VR』を非ゲーマーの車好きに遊んでもらった
http://www.gizmodo.jp/2017/02/playstation_vr_driveclub_vr.html
そこでゲームはあまりやらないけど車好きな人の代表として、東京都内の某T大学自動車部員たちに『DRIVECLUB VR』をやってみてもらうことに。3人とも普段は実車でレースや整備をしています。VRゲームは初めてだそうですよ。(中略)ひと通り遊び終わった3人に感想を訊いてみると、「どれだけ攻めてもタイヤが減らないし車も壊れない。速度も周囲の環境も気にしなくていいからずっと走り込める」「家にあったら一晩中走って、PS VRとったら外が明るくなってそう」と独自の興奮ポイントを語ってくれました。  ゲームをほとんどやらない人でも直感的なVRゲーム操作にすぐに慣れ、楽しめたそうです。特に盛り上がっていた車鑑賞については、「駐車場で変わった車があると覗き込みたくなるタイプの人は永遠に楽しめる」とプッシュしていました
あー、もう買うしか!PS VRホスイ。いつになったら買えるんだよ。
2017年02月15日 (水) | Edit |
「アニメ制作は全てAIに代替されるかもしれない」 AT-X・岩田社長「創造領域の侵食が始まっている」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1702/13/news073.html
つまり、エヴァンゲリオンシリーズや映画「シン・ゴジラ」などを手掛けた庵野秀明監督の作品をAIに学習させれば、“庵野監督風”の完全新作作品がAIによって制作できる──といった可能性もあるという。岩田社長はこういった例を挙げながら、人間とAIはクリエイティビティ分野においても競争になるだろうと結論づける。最後には、講演を聞いていた学生らに対して次のようにコメントした。「AIによる“創造領域”への侵食が既に始まっている。キャラクター設計や絵コンテ、美術設計、背景、音響作業、色彩設定といったものもAIが担えるようになるだろう。人間は、AIと違って“忘れられる機能”を持ち、脳を使い続ければ進化し続けられる。自分で脳みそを鍛え続ければ、(AIに負けない)クリエイティビティが発揮できるはず」
あらゆる分野にAIが浸透するのは間違いないですね。問題はそれがいつ頃どんな規模でということだろう。
2017年02月15日 (水) | Edit |
155万サイトが改ざん被害、WordPressのREST API脆弱性を20のグループが攻撃、米Feedjit報告
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1043880.html
WordPress向けのセキュリティプラグイン「Wordfence Security」を提供している米Feedjitは、WordPressのREST APIの処理に起因する脆弱性を突いた攻撃により改ざんされたウェブサイトが2月9日までに155万サイトを超えたことを明らかにした。「WordPressに関連する脆弱性のうち、最悪のもの」としている。Feedjitでは、WordPressより脆弱性情報が発表された1日以降、顧客企業に提供しているファイアウォールで攻撃の観測を開始。2日までは攻撃は観測されなかったが、3日に初めて発生。その後5日までに増加を続け、5日にはファイアウォールに設定したルールを回避する亜種を発見したという。亜種による攻撃は7日以降に急増している。Feedjitでは、20のグループによる攻撃キャンペーンを観測。Googleでは改ざんされたページもインデックスされているため、Feedjitでは改ざんされたサイトに残される署名についてGoogle検索で分析を行った結果、「MuhmadEmad」という攻撃グループによる39万7000サイトの改ざんをはじめ、20のグループ合わせて155万以上のサイトが改ざんされていることが判明したという
やっぱりWordPressの脆弱性は影響力が大きいですね。
2017年02月15日 (水) | Edit |
VRシステム HTC Viveで「全身モーションキャプチャー」? 自然さがすごい新技術デモ動画
http://www.gizmodo.jp/2017/02/htc-vive-vr-motioncapture.html
いまや映画やゲーム制作では「モーションキャプチャー」が当たり前。これは人の動きをセンサーで読み取って、映画やゲームの登場人物に当てはめる技術なのですが、なんとこれをHTCのVRシステム「Vive」で代用してしまう興味深い技術デモが公開されました。こちらはUploadVRが取り上げたIKinemaの動画。  「IKinema」と名付けられたこのプロジェクトでは、ユーザーは市販のViveヘッドセットとコントローラー、「Vive Tracker」を腰と足先に装備。この6点の動きをセンサーで読み取ることで、同システムだけで全身モーションキャプチャーが可能になるんです! おお、これがルームスケールトラッキングの威力!動画を見る限り、非常に自然な動作の読み取りができていることがわかります。素人の僕には、これが専用の全身モーションキャプチャーシステムですよ、といわれたら信じてしまうくらいです
うはー、6点だけでこんなに自然にキャプチャーできるのか。すげーな。
2017年02月15日 (水) | Edit |
アップルCEO「偽ニュース、思考殺す」 撲滅運動呼び掛け
http://www.cnn.co.jp/tech/35096474.html?tag=top;topStories
インターネット上にはびこる「偽ニュース」の問題について、米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)がこのほど英紙のインタビューに答え、IT業界はこの問題に対して行動を起こす必要があるとの認識を示した。 クック氏は欧州訪問中に英紙デイリー・テレグラフのインタビューに応じ、偽ニュースについて「大がかりなキャンペーンが必要だ。あらゆる層を通じて考えなければならない」と指摘。「我々IT企業すべてが、偽ニュースの量を減らすために何らかのツールを開発する必要がある」と語った。 この問題についてはフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOなども発言しているが、クック氏はさらに率直な語り口で、でっち上げ記事やデマが「人々の思考を殺している」と述べ、偽ニュースは世界の多くで大きな問題を蔓延(まんえん)させていると分析した。 ソーシャルメディアなどを通じて拡散する偽ニュースは、政治目的ででっち上げられることもあり、米大統領選挙では大きな問題になった。一般の読者にとって、正規のニュースと偽ニュースを見分けることは極めて難しい。 そこにアップルのような企業の出番がある。 「私たちの多くは今現在、文句を言うばかりでどうすべきかが分かっていない」と語るクック氏は、技術的、知的解決策の必要性を説き、「現代版の公共広告キャンペーンが必要だ。これは意思さえあればすぐにできる」と訴えた
CNNの慰安婦像のニュースなんかまさに偽ニュースですもんね。困ったものだ。日本政府はなんとかしろよ。