FC2ブログ


2017年02月25日 (土) | Edit |
廃棄PCのHD流出 美濃加茂の中学校
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170224/201702240839_29077.shtml
岐阜県美濃加茂市教育委員会は23日、市内の中学校で使用され、業者に廃棄処分を委託したパソコンの内蔵ハードディスク(HD)1台がインターネットのオークションで落札され、HDに生徒ら約750人分の名前のデータが残っていた、と発表した。流出経路を調べ損害賠償請求も検討している。廃棄処分を請け負ったのは学校教育向け情報システムを取り扱う名古屋市の企業。取材に対し、学校から引き取ったパソコンは複数の産廃業者に破壊処理を委託したが、このうちの1業者がHDを有価物として破壊せず、HDがオークションにかけられた可能性があると明らかにした。名古屋市の企業の社長は「産廃業者とは全てのパソコンを粉砕によって破壊するよう委託契約していた。有価物として扱われているとは気が付かなかった」と話し、適正に処分が行われなかったことを謝罪した。流出したデータは2009年度の1~3年生の生徒と担当教諭の名前。同教委によると、昨年11月、インターネットオークションでHDを落札した県外の男性から中学校に連絡があり、市教委が調査したところ、パソコン室で使っていた授業用パソコンの物と判明した。廃棄処分したパソコン42台のうちの1台だった
こういうことがあるから怖いよね・・・。私はドリルで穴を開けてから廃棄するようにしている。
2017年02月25日 (土) | Edit |
プリウスPHVが教える不都合な真実
http://agora-web.jp/archives/2024583.html
そんな便利なソーラー充電システムであるが、メーカーオプションとなっており、お値段28万800円(税込)である。んっ、高くね?プリウスPHVのガソリン走行の燃費は37.2km/Lである。実燃費はもうちょっと下がると思うので同程度の燃費であるプリウスHVを調べてみたところ、23km/Lと推定できる(参照サイト)。よって、ソーラーパネルが1年間に充電する1059kmを走行するためには、41.26L(=1059km÷23km/L)のガソリンが必要になる。プリウスPHVの燃料タンク容量が43Lなので、一回の満タン給油にも満たない量だ。  2月20日現在のガソリン価格の平均がレギュラー126.6¥/Lなので、41.26Lのガソリンは5224円である。つまり、28万800円のソーラー充電システムは1年間で5224円分のガソリンの節約につながるが、元を取れるまで54年かかってしまう
まぁ、元を取ろうという発想ですなかなかこういうクルマを購入するモチベーションにはならない。とは言っても、省エネというだけで、プリウスごときに330万円(ソーラーシステムや他のオプションをつけると400万円近くなるかも)という金を払うかと言われると私的にはちょっとムリかなと思う。PHVは結局価格との戦いになるだろう。
2017年02月25日 (土) | Edit |
最新ATOKの便利な“おせっかい機能”に舌を巻く
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1056544/022000062/?P=2
パソコンを使っていてありがちなのが、日本語入力がオフのまま入力を始めてしまうことだ。その場合、従来ならローマ字状態のアルファベットを削除した上で、あらためて日本語入力をオンにして入力をやり直す必要があった。しかし、ATOK 2017が搭載する「インプットアシスト」機能は、そんなミスを“なかったこと”にしてくれる。日本語入力がオフの状態で入力が始まると、ATOKがそれを検知して「直前の入力を日本語にする」というガイダンスを表示してくれるのだ。ここで「Shift+変換」を押せば、日本語に変換ができるようになり、同時にATOKもオンになる。また、指の位置がホームポジションからずれていて、意味不明なアルファベットをタイピングしてしまったとき、ATOKが正しい変換候補を提示してくれる「ATOKタイプコレクト」機能も搭載している。実際に試してみたところ、きちんと修正できたので思わずニヤけてしまった。というのも、このために相当な開発時間なりコストを掛けたことを想像すると、そのおせっかいぶりが微笑ましくなってしまったからだ。どちらの機能も確かに便利だし、年に何回かは救われることもあると思う。とはいえ、変換精度での差異化が難しくなった昨今では、こんなちょっとした機能で「あっ」と言わせなければならないのだから開発者は大変だ
これはありそうでなかった機能ですよね。もしOSにAIが搭載されれば真っ先にこういう機能がありがたいはずだ。