FC2ブログ


2017年02月26日 (日) | Edit |
Linuxカーネルに脆弱性--大手ディストロはパッチ提供へ
https://japan.zdnet.com/article/35097100/
Linuxカーネル内に深刻な脆弱性が発見された。この脆弱性はメモリの二重解放(double free)に起因するものであり、2005年頃から存在していたとされている。CoreOSやRed Hat、Canonical、Debian ProjectをはじめとするLinuxディストリビューターは、パッチのリリースに向けて作業を進めており、既にパッチを公開しているところもある。同脆弱性は、LinuxカーネルにおけるDatagram Congestion Control Protocol(DCCP)の実装に存在している。これを悪用すれば、ローカルユーザーによるルート権限の取得が可能になり、他の脆弱性と組み合わせることでカーネル内で任意のコードが実行可能になる。「CVE-2017-6074」というCVE識別番号が割り当てられたこの脆弱性は、発見した研究者のAndrey Konovalov氏によると、DCCPを初めてサポートし、2005年にリリースされたLinuxカーネル「2.6.14」から存在している可能性が高いという。Linuxカーネルにおいては、各ディストリビューターへの通知に先立ち、先週時点でパッチが適用されている。Konovalov氏は、Googleの分散型ファズツール「syzkaller」を用いて同脆弱性を発見したという
更新しました。新しいカーネルが出てました。
2017年02月26日 (日) | Edit |
CTCの顧客調査にみる「基幹系クラウドの実情」
https://japan.zdnet.com/article/35097110/
調査結果から明らかになったクラウドを検討した動機としては、「コストが下がる」「最新技術やノウハウが使えることで自社システムの品質が上がる」「セキュリティ対策や運用業務が軽減される」「導入決定から利用までの時間を短縮できる」「ビジネス状況に即してシステム変更が柔軟かつ簡単に行える」といった点が挙げられた。一方、採用を見送った理由としては、「既存の基幹系システムと同レベルの性能や運用を求めると、一般的なパブリッククラウドサービスでは期待したほどコストが下がらない」「セキュリティやパフォーマンスにおいて、提供サービスに対する技術的な裏付けがとれない」「既存の基幹系システムを移行するためのコストやリスクを考慮すると、クラウドを利用するメリットは少ない」「自社の基幹系システムに適切なクラウドサービスの選定が難しい」といった声が寄せられたという。藤岡氏はこうした調査結果から、「基幹系システムのクラウド利用への期待は高いが、自社の要件に適合するクラウドが見つからない」、および「既存の基幹系システムを移行する場合には、一般的なクラウドサービスを利用するメリットは少ない」との見解を示した
枯れた基幹系システムをクラウドに移行したいというのは本音だろうけど、移行リスクもあるしクラウドというシロモノ自体もよくわからんしとりあえずは今のままでいいか、というところだろうか。クライアント/サーバー型が基幹システムと置き換わることはなかったけど、クラウドの可用性ならプライベートだろうがパブリックだろうが移行できそうですけどね。
2017年02月26日 (日) | Edit |
OpenStackの第15リリースOcataはコンテナのサポートをさらに充実、プライベートクラウドの第二の夜明けを目指す
http://jp.techcrunch.com/2017/02/25/20170222openstacks-latest-release-focuses-on-containers/
OpenStackの今後に関連してCollierの説では、このところ、企業のプライベートクラウドの見方が変わってきている。OpenStackにかぎらず、最初の世代のプライベートクラウドサービスは、あまり使いやすくはなかった。“今よりもずっと大きなチームを必要としたし、採用もPayPalやWalmartなど超大企業に限られていた。つまりクラウドをプライベートで立ち上げるのは、ふつうの企業には無理だった”。でもCollier説によると、今はプライベートクラウドの第二世代だ。プライベートクラウドを立ち上げるのに、もはや巨大なチームは要らない。それに今では、セットアップを手伝ってくれる企業のしっかりとしたエコシステムがある。  初期には、OpenStackのクラウドをセットアップするために必要なマンパワーの量が大きすぎて、小さなチームでは難しかった。しかしCollierによると、今では費用の面でもプライベートクラウドがAWSなどのパブリッククラウドサービスと十分に競合できる。パブリッククラウドサービスはいろんなオプションなどで費用がかさむことが多いが、OpenStackなどを自前で使えば、持続可能なワークロードを低費用で維持できる。つまり彼の主張では、これからはプライベートクラウドの方がAWSなどを使うより費用効率が良い、というのだ
ふーむ、パブリッククラウドとプライベートクラウドか。悩ましい選択ですなー。自前のサーバー群を維持するのとパブリッククラウドで月額費用を負担するのとどっちがいいかってことですかね。
2017年02月26日 (日) | Edit |
『ニーア オートマタ』不具合修正のパッチ対応を発表─まずはDL版の問題を近日中に
http://www.inside-games.jp/article/2017/02/24/105560.html
スクウェア・エニックスは、PS4ソフト『ニーア オートマタ』の不具合に関する対応を発表しました。  ゲームデータのDLが全て完了する前にゲームプレイを開始すると、レジスタンスキャンプで受けられるサブクエストが進行できないといった不具合があることが先日明らかに。そしてこのたび、その不具合に対応するパッチを近日中に予定していると報告しました。  このほかにも不具合報告などが届いており、内容を精査した上で可能なものからパッチ対応に当たるとのこと。また、ユーザーから指摘のあったアイテム名の修正も合わせて行うとしています
おじさんとしてはこういうアクション性の強いのはダメかもわからんね、だけどあまりにも前評判が高いので購入してみた。今度休みにやってみる。
2017年02月26日 (日) | Edit |
PSVRの更なる再販、早くも売り切れに─抽選販売ならば受付中の通販サイトも
http://www.inside-games.jp/article/2017/02/25/105569.html
ゲームや映像の楽しさを更に広げてくれる「PlayStation VR」(以下、PSVR)。昨年の発売以来、多くのゲームファンから高い関心と人気を集めていますが、その勢いに供給が追いついておらず、品薄なまま今日に至ります。  このたび、2月25日に更なる再販が実施され、通販サイトや実店舗で販売が行われました。ソニーストアでは8時30分より再販を開始しましたが、ほどなく売り切れに。ヨドバシ.comやTSUTAYAオンラインなどの各通販サイトや実店舗も近しい状況にあり、いずれも売り切れたか、抽選販売の発表を待つような状態です。  Twitter上では、PSVRを求めて朝早くから出かけたものの買えずに残念な思いをした方や、運良く抽選に当たり喜ぶ人の声などで賑わっています。  なお、ビックカメラ.comでは、PSVRの抽選販売を2月25日の24時まで受付中。抽選なので確実に入手できるわけではありませんが、PSVRが欲しい方はこちらも選択肢のひとつとして加えてみてはいかがでしょうか
一応抽選に応募した。たぶんダメだろうなー。
2017年02月26日 (日) | Edit |
石油に代わるオイルを大量生産する「最強の藻」―東工大が遺伝子を改変し開発へ
https://internetcom.jp/202243/oil-seaweed
石油資源に代わるオイルを、生物に作らせようという取り組みが進んでいる。東京工業大学は海の中で育つ「藻類(そうるい)」に注目し、遺伝子改変によってバイオ燃料を効率よく獲得しようと構想している。  地下や海底に眠る石油や天然ガスは、堀りつくせばいずれ枯渇してしまう、という懸念は随分前からある。代わりに自然に増える生物資源(バイオマス)を使おうという考えも根強い。植物の種から動物の糞までさまざまな物質がバイオマスとして検討の対象になっているが、東工大の生命理工学院が注目しているのは藻類、つまり藻(も)だ。藻類は単位面積あたりの生産性が高く、また畑で育てる訳ではないので、食用の作物と競合しない、という利点がある。さらに藻類が作りだすオイル「リアシルグリセロール」は液体燃料として転用しやすく、エネルギー効率が高い。航空燃料やディーゼル燃料の代替になるかもしれないという。特に「ナンノクロロプシス」という藻類は、オイルを乾燥重量あたり50%以上蓄積できる有望な種。海水の中で高密度に培養でき、遺伝子の改変も容易。今回、東工大ではナンノクロロプシスの遺伝子を詳しく解析し、どうやって大量のオイルを生産するのかを明らかにした。関連する遺伝子を改変すれば、いっそう効率を高められる可能性がある
すばらしいじゃまいか?早く実用化してほしいものです。つーか、水素自動車よりこっちの方がよっぽど有望だと思うぞ。まぁ、まだ実現は遠いようだけど。
2017年02月26日 (日) | Edit |
「PlayStation Now」日本でもPC対応へ 今春スタート
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1702/24/news073.html
ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは2月24日、「PlayStation 3」のタイトルをストリーミング方式で遊べる「PlayStation Now」の対応端末に、Windows PCを日本で2017年春に追加すると発表した。PS Nowは、タイトル1本ごとにレンタルする(200円から、以下税別)か、定額で遊び放題(月額2315円、3カ月だと5463円)になるストリーミングサービス。ゲームソフトをローカルストレージに保存することなく楽しめるのが特徴だ。遊べるソフトは「みんなのGOLF 6」「バイオハザード6」など180種類以上。これまで日本ではPS4などでしか利用できなかったが、新たにWindows PCでも遊べるようになる(米国では16年8月に対応済み)。PCの推奨スペックは以下の通り。  Windows 7(SP1)/Windows 8.1/Windows 10 300MB以上の空き容量 2GB以上のRAM 3.5 GHz Intel Core i3/3.8 GHz AMD A10以上 サウンドカード、USBポート  一方、PS Vita、PS Vita TV、ソニー製のBlu-ray Discプレーヤー、液晶テレビ「ブラビア」へのサービス提供は8月15日に終了する。
ふーむ、PCにストリーミングする意味ってあんのかね。どういうシチュエーションだろう・・・。PS4が隣の部屋にあって、こっちの部屋のデスクでゲームしたいとか・・・。
2017年02月26日 (日) | Edit |
エレコム、既設の同軸ケーブルをイーサネット化するコンバーター、最長1100mの通信が可能
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1046009.html
エレコム株式会社は、アナログ監視カメラをネットワークカメラに置き換える用途などに向け、敷設済みの同軸ケーブルをイーサネットに変換できるコンバーター「ECB-G01CX-HJP」を3月上旬に発売する。法人向けの製品で、価格は5万9800円(税別)。同軸ケーブルを用いた最大1Gbpsの通信(G.hn規格に準拠)が可能で、イーサネット(1000BASE-T/100BASE-T/10BASE-T)に接続できるコンバーターユニットを2個セットにした製品。同軸ケーブルの両端にユニットを接続するだけで利用でき、新たにLANケーブルを敷設することなく、敷設済みの同軸ケーブルをそのままネットワークケーブルとして活用できる。IEEE 802.3af/at規格のPoE給電に対応し、PoE給電時では最長760m、PoE給電未使用時では最長1100mの通信が可能(5C-FBケーブル使用時の参考値)。別売のACアダプターを利用することで、PoE給電使用時でも最大1100mの通信に対応する
ふーむ、これの民生用が欲しいぞ。つーか、家は有線LAN敷設してるからイラネ。
2017年02月26日 (日) | Edit |
PS VR、2月25日土曜日の8時30分にソニーストアでWeb予約販売再開
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1046086.html
品薄状態が続いているPlayStation VR(PS VR)の予約販売が、ソニーストアで2月25日の土曜日、8時30分から再開される。1人1台のみ購入可能で、決済方法はクレジットカードのみ。注文は先着順で、数に限りがあるという。予約販売はオンラインの「http://www.sony.jp/playstation/psvr/」で受け付ける。ソニーストア 直営店舗では行なわない。ソニーストアでは「ページの混雑が予想されます。アクセスしづらい可能性がございますので、予めご了承をお願い致します」としている。   PS VRには2種類の製品があり、価格はPS VR単品版(CUHJ-16000)が44,980円で、VRヘッドセット、プロセッサーユニット、VRヘッドセット接続ケーブル、HDMIケーブル、USBケーブル、ステレオヘッドフォンなどを同梱。「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」(CUHJ-16001)は49,980円で、単品版にPlayStation Cameraを追加したものとなる
いったいいつになったら買えるのだろうか。
2017年02月26日 (日) | Edit |
ネット広告費が初の1兆円超え 2016年の日本の広告費 電通発表
http://www.j-cast.com/2017/02/24291575.html
電通は2017年2月23日、16年の日本の総広告費などを推定した「2016年日本の広告費」を発表した。総広告費は前年比1.9%増の6兆2880億円で、5年連続で前年を上回った。 媒体別広告費では、インターネット広告費が同13.0%増の1兆3100億円と大幅に増加し、初めて1兆円を超えた。新聞広告費は、企業収益の改善やリオデジャネイロオリンピックなどの影響がプラスに働いたものの、購読部数が減少していることから、同4.4%減の5431億円と伸び悩んだ
いよいよ、テレビ、ラジオ、新聞などの広告の没落ですね。まぁ、テレビはまだ視聴者がたくさんいるからいいけど。10年後はどうでしょうかね。若い世代はもうテレビ見ないし、見てるのは主婦と老人だけだろう。私はもう食事の時以外はテレビは見ていない。PS4つけっぱでゲームをしているかしてないときはNetflixかHuluを見ている。だからPCもめったに起動しない。Apple TVもホコリが被りPS4オンリーである。
2017年02月26日 (日) | Edit |
フェイスブック「ユーザー離れ」鮮明 投稿数が3分の2に
http://news.livedoor.com/article/detail/12711299/
フェイスブック利用者の投稿件数が大きく減少していることが、最新の調査によって明らかになった。マーケティング企業のMavrckは、2016年のフェイスブック上の投稿2,500万件を調査したリポートを発表した。それによると、ユーザーによる投稿数が2015年に比べて29.49%減少したという。  一方、ニュースフィードのエンゲージメントは7か月連続で減少していたが、2015年9月から2016年3月にかけてプラスに転じた。これは広告よりも、ユーザーからの投稿や動画を優先表示するようにアルゴリズムを変更したことが原因と思われる。広告主たちの希望に反し、広告表示を減らした方がフェイスブックにとってメリットが大きいことになるが、収益面とのバランスを図ることが今後の課題になる
SNSは必ず衰退する。ミクシィが証明していることだ。それは世界規模のフェイスブックとて同じことだ。だから私はザッカーバーグを評価していない。ツイッターはすでに棺桶に足を突っ込んでいる。SNSはインターネットに咲く徒花である。咲いては散り散っては咲く。今はインスタが咲き誇っているが、数年後には同じ道をたどる。