FC2ブログ


2017年03月02日 (木) | Edit |
アップルCEO、米国生産・部品調達拡大を示唆
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN01H0Q_R00C17A3000000/?dg=1
米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は28日に開いた定時株主総会で、米国での生産や部品調達を拡大する可能性を示唆した。製造業の米国回帰をテコに雇用の拡大を目指すトランプ政権に配慮した発言とみられる。カリフォルニア州クパチーノにある本社で、国内雇用に関する株主の質問に答えた。クック氏は「我々はこの国の役に立つ方法を常に模索している。アップルは米国でしか存在しえないことはわかっている」と述べた。同氏によるとアップルは半導体やガラス、接着剤など年間約500億ドル(約5兆6千億円)相当の部品を米国の取引先から調達。コーニングやスリーエム(3M)などで働く数十万人の従業員や、100万人以上のアプリ開発者の生活を支えているという。 クック氏は「多くの人は目に見える最終組み立てに執着する」が、それではアップルの米製造業への貢献を「過小評価することになる」として理解を求めた。アップルは主力のスマートフォン「iPhone」など米国で販売している製品のほとんどをアジアで生産しており、トランプ氏は昨年の大統領選挙中から名指しで批判していた
こうなると台湾や中国企業がバタバタと逝っちゃう可能性もあるわけで。鴻海なんかも足元が揺らいでしまうわけですよね。
2017年03月02日 (木) | Edit |
第4次産業革命に介入する、世耕経産相が激白
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/022400113/022800003/
自動運転というのは非常に重要ですね。私自身、サラリーマンだった頃からずっとやってきたITの世界で、やはりスマートフォンの反省というものがあります。例えば、アップルの「iPhone」一つとっても、レンズからディスプレー、中の部品に至るまで、日本製がかなりの割合を占めているにもかかわらず、頭脳の部分もプラットフォームを活用したビジネスも米国に押さえられている。組み立ては台湾や中国で行われていて、日本は部品受注だけの国になっちゃっているんですね。私は、これと同じことが自動運転で起きたら大変なことになると思っています。日本は素晴らしい自動車を、エンジンを作っているんだけれども、自動運転で頭脳の部分やそれを使ったビジネスを海外勢に押さえられたら、日本は大変なことになる。そういう危機感があります
インターネットの黎明期に日本の著作権法のせいで国内では検索エンジンが違法になってしまって育たなかった例があります。IoTやAIは強大なクラウドを持つ企業が世界中から優秀な人材を集めて開発にしのぎを削っています。そんななかで日本を鑑みるとなんとも頼りないですよね。クラウドを持っているのは楽天くらいでしょうか。そんな貧弱な産業構造の中で、産業革命を勝ち抜くなど絵に描いた餅です。
2017年03月02日 (木) | Edit |
名機「ノキア3310」が復活、待ち受け1カ月
http://www.cnn.co.jp/tech/35097322.html?tag=cbox;tech
2000年に発売され人気を博したフィーチャーフォン「ノキア3310」が復活し、年内にも発売されることが28日までにわかった。ノキアブランドの管理などを行うHMDグローバルが明らかにした。 当時の3310もメールや通話といった機能が中心のシンプルなものだったが、復活してもその点に変更はなさそうだ。 セールスポイントはバッテリーの持ちの良さで、22時間の通話が可能なほか、待ち受けの期間も1カ月におよぶという。 カラースクリーンのほか、2メガピクセルのカメラやブラウザー「オペラ・ミニ」を搭載。ボディーカラーは赤、黄、青、グレーをそろえた。 価格は49ユーロ(約5800円)で、2017年4~6月期に発売される見通し
ふーむ、そっちへ行くのか・・・。今さらこういう機種って受け入れられるのかな。私のiPhoneは5sなんだがもう電池がヘタってきてすぐになくなってしまう。換え時なんだけど・・・。