FC2ブログ


2017年03月03日 (金) | Edit |
PowerShellが標準に、Linux環境も強化したWindows 10 Creators Update
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/022400047/030100004/?ST=pc&itp_list_theme
RS1で搭載されたWindows Subsystem for Linux(WSL)も改良が進んだ。今回の改良点は、「Win32相互運用性」だ。/bin/bashのコマンドラインからWin32アプリケーションが直接起動できるようになった。起動するWin32アプリケーションが標準入出力に対応している場合(コンソールコマンドプログラムだったとき)、標準入出力の接続も可能なので、パイプなどでデータのやり取りが可能だ。の機能、bash.exeを「bash.exe -c Linuxコマンド」とすると、Win32からLinuxのコマンドを起動できる。このときも、標準入出力への接続が可能だ。この機能を搭載した背景として、WSL側のLinuxカーネルエミュレーションの機能向上が挙げられる。WSLではLinuxカーネルは存在せず、WSL側でLinuxカーネルをエミュレーションしている。RS1の時点では、全てのLinuxカーネル機能をエミュレーションしていたわけではなく、Ubuntu Linuxを動作させるために必要な最低限の機能のみが実装されていた。RS2では、その他の機能も実装されており、例えば/procや/sysなどの特殊フォルダーでアクセスできる機能も増えている
いっそのことLinuxカーネルを使ったWindowsを出せばいいと思うぞ。うーん、それは欲しい。つーか、ソフトウェアの互換性がなくなるのは困るなー。Linuxカーネル上でWindowsをエミュレートすればいいんじゃね?あ、それってWineだわ・・・orz。
2017年03月03日 (金) | Edit |
業種、規模を超えて広がるOpenStack、その活用のポイントは?
https://japan.zdnet.com/pickup/lpi_201703/35097254/?tag=zrcol;TUspecial
オープンソースのクラウド基盤構築ソフトウェア「OpenStack」は、当初の主なユーザーであったクラウドサービスを展開するサービス事業者やIT企業のみならず、通信事業者や金融機関、製造業など、業種、規模を問わず幅広い企業で採用が広がりつつある。こうした動きを背景に、LPI-Japanは2016年12月6日、「OPCELビジネスサミット2016 新たなビジネスを切り開くOpenStack」を開催し、OpenStackの最新動向や活用例を紹介した。会場には160人を超える来場者が参加する盛況となった。LPI-Japanは、Linuxやオープンソースソフトウェア(OSS)を活用したITプロフェッショナル育成を目的に、技術認定試験を展開してきた。Linuxを軸としたエコシステムが広がり、特にクラウド基盤への注目が高まってきたことを背景に、2015年にはOpenStackの認定試験「OPCEL認定試験」をスタートしている
最近の話題はOSとかアプリケーションといったものより、こういうクラウド構築に関するものがほとんどですね。あとAIとか。WindowsやmacOSがどうのというのはもう話題にもならなくなった感じですね。クラウドやAIのプラットフォームは完全にLinuxですからね。超弩級PC作ってプライベートクラウド動かしてAIやってみたいですね、っていうのがトレンドなのかも。
2017年03月03日 (金) | Edit |
Dockerを使ったIT基盤構築
https://japan.zdnet.com/article/35096561/
具体的には、Dockerfileというテキストファイルにコードを記述します。IT部門の運用担当者は、Dockerfileを記述し、Dockerエンジンに読み込ませることで、構築作業自体を自動化することができます。Dockerエンジンは、Dockerfile特有の文法に基づいて、OSとアプリケーションが含まれたDockerイメージを作成します。このアプリケーション入りのOS環境を含んだDockerイメージを作成することを「ビルド」といいます。一旦、Dockerイメージがビルドできれば、そのイメージからコンテナをすぐに起動できます。また、ビルドした独自のDockerイメージを他のシステムにコピーし、そのまま稼働させることも可能ですので、ITシステム全体の可搬性も高まります。このような可搬性の向上や、ユーザー用のOS環境やアプリケーション配備手順をコード化することによる自動化は、IT基盤構築の工数削減に大きく寄与します
ふーむ、そろそろDockerいじってみるかなー。
2017年03月03日 (金) | Edit |
iPhoneプレミアムモデルは曲面OLEDを採用(全モデルでポートはUSB-Cに)
http://jp.techcrunch.com/2017/03/01/20170228apple-to-release-1k-iphone-with-curved-screen-and-usb-c-wsj-says/
iPhoneが登場して10周年を迎えた今年、iPhoneには特別モデルが用意されるだろうという話が広がっている。それにともないさまざまな噂が流れている。そうした中、WSJに詳細な記事が掲載されている。記事のもととなった匿名の情報源によれば、プレミアムモデルは他のモデルとハードウェア的にずいぶん違ったものになるとのこと。  記事によれば、iPhoneのプレミアムモデルでは、SamsungのGalaxy S7 edge同様の曲面OLEDスクリーンを搭載するそうだ。曲面ディスプレイはSamsungが製造するものとなるらしい。  このハイエンドモデルの価格は、1000ドルが見込まれている。iPhone 8ないしiPhone 8 Plusとは別の特別モデルとして販売されることになる。  尚、すべてのモデルではライトニングポートを廃してUSB-Cを搭載することになるようだ。もしこれが本当なら、iPhoneとして初めて独自規格を捨ててAndroidなどのライバル機種と同じ標準規格を採用することになる。これは最新のMacBook Proなどをみれば、たしかにありそうな話だ
ふーむ、悪い予感が当たって残念ながら大量のLightningケーブルがゴミ箱へ行くことになりそうですね。
2017年03月03日 (金) | Edit |
AWS S3 US-EAST-1がダウン、アメリカは大混乱―Amazonは原因を突き止めたらしい
http://jp.techcrunch.com/2017/03/01/20170228amazon-aws-s3-outage-is-breaking-things-for-a-lot-of-websites-and-apps/
AmazonのAWS S3クラウドストレージに広汎な障害が発生している。S3を利用している多くのウェブサイト、アプリ、デバイスが一部あるいは完全に作動しなくなっている。AWSは多くのサイトの実行イメージあるいはサイトそのものをホストしている。アプリのバックエンドとして利用しているサービスにはNestも含まれる。  「US-EAST-1のS3に高頻度でエラーが発生する」という障害が発生していることがAmazon AWSサービスのヘルス・ダッシュボードで確認されている。 当初、Amazonでは「プログラムを修正中」と発表したのみで原因など詳しい状況は不明だった。  影響を受けているサイト、サービスにはQ&AのQuora、ニュースレター配信サービスのSailthru、ニュースサイトのBusiness Insider、Giphy、S3が画像をホスティングしている各種yメディア、Slackにおけるファイル共有など多数だ。スマートサーモスタットなどホームIoTのパイオニアであるNestにも障害が発生しており、デバイスのコントロールが不可能になっている
こういうの見るとプライベートクラウドってのも選択肢になるのかなと思いますね。
2017年03月03日 (金) | Edit |
Googleのネットテレビ、「YouTube TV」の全貌が明らかに
http://jp.techcrunch.com/2017/03/01/youtube-launches-youtube-tv-its-live-tv-streaming-service/
YouTube TVはこれから、多くのインターネットTVサービスがひしめき合う市場に参入する。  Netflix、Amazon、Hulu、HBO Nowなどのトッププレイヤーたちの他にも、DishのSling TV、ソニーのPlayStation Vue、AT&TのDirecTV Nowなどのサービスもある。Huluも独自のライブTVサービスを近日中にローンチする予定だ。  もちろん、競合とは違ってYouTubeにはすでに一定の顧客ベースがある:同社が今週発表したところによれば、YouTube上の動画再生時間は1日あたりの合計で10億時間にもなるという。しかし、インターネットTVサービスという枠組みで考えると、この業界はこれまでとは違ったタイプの競争にもさらされていることが分かる。昨年秋にリリースされたアナリストによる調査によれば、初期のパイオニアであるSling TVはすでに100万人の会員を獲得している。しかも、初期のころの「つまづき」にもかかわらず、その数字は伸び続けている。(中略)  今日のYouTube TVの発表により、ストリーミングTV業界にさらなる注目が集まっている。そして、これから注目すべきなのは、この新規参入によって、市場に存在する数多くのサービスの成長速度が、市場全体の成長速度を上回ることになるのかという点だ
テレビが次々とネット上にその競争の場を変えつつあることがよくわかりますね。それに比べて日本のテレビ事情のガラパゴス化は目を覆いたくなります。いまだに県域免許の地上波テレビが中心なんですから笑っちゃいます。しかも、東京キー局の作った番組の垂れ流しだし、肝心のキー局はネットに対して敵対心を燃やし続けているわけですよ。バカみたい。唯一AbemaTVが頑張っていますけど。
2017年03月03日 (金) | Edit |
Gmailで最大50MBの添付ファイルを送れるようになった
http://jp.techcrunch.com/2017/03/02/20170301huzzah-gmail-now-accepts-attachments-up-to-50-mb/
メールの添付ファイルが50メガバイトを超えない方が良い唯一の場合は、それが拒否されて届かないときだ。でもこれからは、その心配もない。GoogleがGmailのアカウントのバーを高く上げて、最大50メガバイトまでなら何でもOKになったのだ。でも、だからといって、大きな添付ファイルをしょっちゅう送るべきではないね。それに、今でも直接送れるのは25メガバイトまでだ。それ以上は、Google Drive経由になる。しかしメールの添付ファイルは、いちばん簡便なファイル転送の方法だ。これからは大きなファイルを送っても、メーラーからエラーが返ってこないのはありがたい。  真面目な話としては、仕事などでファイルを共有するなら、それ専門のサービスを使うべきだ。残念ながらメールは、ファイル共有のツールではない
すげー、50MBまで送れるのか。もうGmail一択でいい感じですね。もうプロバイダー提供のメールアカウントって必要ないよね。
2017年03月03日 (金) | Edit |
発売直前!PS4『Horizon Zero Dawn』国内向けローンチトレイラー
http://www.inside-games.jp/article/2017/03/01/105645.html
ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、3月2日発売予定となっているPlayStation 4『Horizon Zero Dawn』の、日本国内向けローンチトレイラーを公開しました。ついに発売を迎える、PSユーザー待望のオープンワールド・アクションRPG『Horizon Zero Dawn』。ダウンロード版ではすでにプリロードも始まっており、「3月2日0時ジャストよりプレイ開始!」と待機中の方も多いのではないでしょうか。そんな本作の国内向けローンチトレイラーが公開、壮大なドラマと手に汗握るゲームプレイを予感させる、3分強の映像内容となっているので、注目ユーザーは必見です
うーむ、これはおもしろそう。
2017年03月03日 (金) | Edit |
AMD、次世代ゲーム向けGPUの製品名を「Radeon RX Vega」に
http://news.mynavi.jp/news/2017/03/01/116/
AMDは28日、GDC(Game Developers Conference) 2017に合わせてイベントを開催し、これまで"Vega"の開発コード名で呼ばれていた次世代ゲーム向けGPUの製品名をそのまま「Radeon RX Vega」とすることを明らかにした。イベントに登場したRadeonテクノロジーグループ上席副社長兼チーフアーキテクト ラジャ・コドゥリ氏は「"Vega"の製品名について590や490などといわれていたが」と前置きしたうえで、「Radeon RX Vega」と呼ぶことを発表した。「Radeon RX Vega」は、AMDが2017年前半に市場投入する計画する次世代GPU。前世代の"Polaris"では、エントリーからミドルレンジで製品を投入していたが、「Radeon RX Vega」はエンスージアスト向けのハイエンドモデルとなる
GeForceに比べてパッとしなかったRadeonですが、ベンチマークが見てみたいですね。
2017年03月03日 (金) | Edit |
MSI、Ryzen対応ゲーミングマザー2製品
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1047278.html
MSIは、Socket AM4搭載マザーボード「X370 XPOWER GAMING TITANIUM」、「B350 TOMAHAWK」を3月3日より発売する。価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格はそれぞれ39,980円、14,380円前後の見込み。X370 XPOWER GAMING TITANIUMは、AMD X370チップセット搭載のATXマザーボード。Socket AM4対応マザーボードのフラグシップモデルで、ほかの「XPOWER」シリーズ同様、CPU周りの電源回路を強化するとともに、メモリ回路の最適化を図り、アグレッシブなオーバークロックにも耐えられる高信頼性設計を実現し、Ryzenの持つポテンシャルを最大限引き出すことが可能であるとしている。フォームファクタはATXで、チップセットはAMD X370、ソケットはAM4、対応CPUはRyzen、メモリはDDR4スロット×4(最大DDR4-3200)。ストレージインターフェイスはU.2(M.2×1と排他)、M.2×2(PCIe 2.0 x4とPCIe 3.0 x4)、SATA 6Gbps×6(2ポートはM.2と排他)。拡張スロットはPCI Express 3.0 x16×2(x16またはx8+x8)、PCI Express 2.0 x16形状(x4動作、M.2排他)、同x1×2。2-way SLIおよび3-way CrossFireXをサポートする
出ましたねー、Ryzen対応マザー。さて、爆速PC作りますかねー。
2017年03月03日 (金) | Edit |
SDカードが郵便を通知! 無線LAN付きSDカード「FlashAir」を使ってドアポストセンサーを作ってみた<後編>
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/column/electronic_iot/1046389.html
今回必要となるものは、前回のINTERNET Watchの記事で概要を紹介したFlashAirと傾斜スイッチ、そしてFlashAirに電源供給するための基板「AE-SD」、その他もろもろです。これらの部品は秋葉原で入手可能です。今回の制作で購入した部品の入手先と参考価格は以下の通り。FlashAirは制作時には32GBを使用していますが、ここでは8GBの価格を掲載しています。さて、いよいよ実際の組み立てを行います。回路としては、電源供給基板「AE-SD」に傾斜スイッチとLEDを取り付けるだけの簡単なものです。FlashAirのCMD端子に傾斜スイッチ、DAT0端子にLEDを取り付けました。FlashAirの端子のピンアサインは以下の写真やFlashAir Developersを参考にしてください
これは便利・・・かも。作ってみたいなー。
2017年03月03日 (金) | Edit |
小型化して続々登場、今クラウドファンディングでSIM内蔵のGPSトラッカーが熱い
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1047195.html
ここのところ海外のクラウドファンディングで人気を博しているのが、SIMを内蔵したGPSトラッカー。製品自体は過去にも存在しているが、Bluetoothタイプと違ってスマホと組み合わせる必要がなく、従来のスマホサイズの製品に比べると圧倒的に小型であることから、子供や老人の見守り、ペットの現在位置のモニタリング、荷物の盗難防止など、幅広いニーズに対応できるというわけ。今まさにプロジェクトが進行しているのが「Ping」という製品で、Bluetoothタイプと変わらないボタンサイズでありながら、電池寿命が3カ月と長いことがウケて、目標額の15倍近い額を集めている。この製品に関してはデータプランは専用となっているが、今後、安価なMVNO回線を使えるSIMフリータイプの製品が登場すれば、このジャンルはさらに活気づきそうだ
GPSトラッカーか。絶対なくしたらヤバいものに取り付けておくといいかもですね。1個千円くらいなら使ってみてもいいかな。
2017年03月03日 (金) | Edit |
「IchigoJam」とiPadで演奏してみた。プログラミングが学べる1ボードマイコンで遊ぶ
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/1046425.html
IchigoJamという小さなコンピュータをご存じだろうか? これはBASICのインタプリタを搭載したプログラム入門用のワンボードマイコン。「こどもパソコン」と銘打たれたIchigoJamは、機能的にMSXを彷彿させる機材で、その昔、8ビットマイコン時代を経験した方なら、すぐ楽しめてしまう機材でもある。価格は自分でハンダ付けするキットなら1,500円、完成品でも2,000円で入手できるという手ごろな機材で、MML(Music Macro Language)を用いて演奏もできてしまう。筆者も2年前にキットを組み立てて遊んでみたが、先日、IchigoJamの開発者がこれにMIDIを接続してBASICで制御していたビデオを見て気になっていた。そんなことができるのか、実際に試してみた
これはおもしろそう。カスラックがMIDIを殺してからかなり経過するが、昔はコツコツと音符を入力して遊んでいたことを思い出した。なつかしいけど、うーん、モチベーションが沸かんなー。
2017年03月03日 (金) | Edit |
LINE、クラウドAI連携のスマートスピーカー「WAVE」。新たな基盤「Clova」発表
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1047270.html
LINEは2日、クラウドAIプラットフォーム「Clova(クローバ)」を発表。これに対応した製品として、アプリ「Clova App」と、初の自社デバイスとなるスマートスピーカー「WAVE」を初夏に日本と韓国で発売予定としている。スペイン・バルセロナで行なわれているMobile World Congress 2017のキーノートスピーチで明らかにした。メッセンジャーのLINEを軸に、コンテンツをスマートフォンのインターフェースに合わせて最適化する、現在の「スマートポータル構想」に続く戦略として、五感を通じたAIの進化によって、情報とインターフェイスの関係を進化させるというクラウドAIプラットフォームの「Clova」を発表
バ韓国企業らしくアマゾンのパクリですね。コレジャナイ感満載。
2017年03月03日 (金) | Edit |
ネットにつながるすべての機器を脅威から守るホームネットワークセキュリティー「Bitdefender BOX」
http://ascii.jp/elem/000/001/444/1444724/?topnew=1
Bitdefenderは3月2日、ホームネットワークセキュリティー「Bitdefender BOX」を発表した。Bitdefenderは、セキュリティーソリューションを提供しているルーマニアのグローバル企業。同社が保護する端末は全世界で5億台を突破し、Bitdefender BOXにも付属するセキュリティーソフト「Bitdefender Total Security Multi Device」は、国際的な性能評価テスト「AV-TEST」で5年連続「highest Protection」を受賞している。(中略)価格は、1年間のBitdefender Total Security Multi Deviceの台数無制限ライセンス付きで1万5984円。なお、1年間使用した後の更新費用は9720円で、BBソフトサービスのウェブページから更新できるとのことだが、詳細は未定。Amazon.co.jpから購入可能で、今後家電量販店などで販売するかどうかは様子をみながら決定するという
うーん、この更新料がネックだよなー。初期投資だけなら導入しようと思ったけど。
2017年03月03日 (金) | Edit |
壁にタッチで操作するXperiaのプロジェクターが今春発売
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/022800806/?ref=nbptrn_top_new&rt=nocnt
本体には短焦点レンズを搭載し、23インチから80インチの画面を壁やテーブルの上などに投写できる。特徴は赤外線センサーとカメラを内蔵し、プロジェクターが投写した画面に指先などで触れて操作ができること。タブレットを操作する感覚に近い。Andorid OS搭載なので、Google Playストアからゲームや動画配信サービスのアプリなどをダウンロードして楽しめる。最大10点のマルチタッチにも対応しており、家族などで並んで画面に触れ、一緒に操作できるところもいい。投写デバイスにはソニー独自開発のSXRDを採用。明るいランプが搭載されているので、レースカーテンを閉めた状態の薄暗い部屋なら十分に明るい画面が見られるはずだ。本体に32GBのメモリーを内蔵しており、ダウンロードしたアプリのコンテンツが再生できるほか、外部入力はHDMI端子を搭載。発売後のファームウエアのアップデートにより、スマホからのWi-Fiミラーリングに対応する予定。本体にスピーカーも内蔵する。電源はケーブルによる給電のほか、本体に内蔵するバッテリーで約1時間の投写が可能だ
これいいなー。ホスイ。