FC2ブログ


2017年03月09日 (木) | Edit |
Nintendo Switch、販売台数が33万台超に - 発売から3日間で
http://news.livedoor.com/article/detail/12766255/
総合情報メディア「ファミ通」は、任天堂が3月3日に発売した新型ゲーム機「Nintendo Switch」の国内推定販売台数を明らかにした。ファミ通によると、発売から3日間(3月3日から3月5日まで)の国内推定販売台数は330,637台。Nintendo Switch向けソフトでは「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」が、同期間で193,060本と最も多く売り上げ、販売本数トップとなっている。Nintendo Switchは、ポータブルでも据え置きでも遊べる任天堂の新型ゲーム機。3月3日に公式オンラインストア「マイニンテンドーストア」などで発売されたが、すぐに完売となり、追加販売が待たれている。価格は税別29,980円
売れてますね。私はぜんぜん欲しくないけど。私、最近PS4のHorizon Zero Dawnというゲームやり始めたんだけど、これ面白すぎますね。マシンを狩ることがこんなに楽しいとは・・・。ひょっとしたらウィッチャー3よりおもしろいかも。ウィッチャーは戦闘がなんか単純なんですよねー。 主人公のアーロイは特徴のある美人顔でなかなかありかなと思います。なんで女性一択なんすかねー。本筋放置して狩りばかりしているよ・・・orz。神ゲーです。4Kテレビがホスイ。
2017年03月09日 (木) | Edit |
遊んで学べるソニーのロボット学習キット
http://www.asahi.com/and_bazaar/articles/SDI2017022801671.html?iref=comtop_list_andbazaar_n04
小学校教育への導入も検討されているプログラミング。だが、専門的な内容で、家庭学習ではなかなかうまく学べず、親も手助けできないという場面も。そこでご紹介したいのが、ソニーのロボット・プログラミング学習キット「KOOV(クーブ)」。シンプルで色合いも美しいブロックを組み合わせて「かたち」を作り、「プログラミング」によって動きを与えるという体験型の教材だ。お手本を見ながらさまざまな作品を作る「ロボットレシピ」をはじめ、ミッションをクリアしていく「学習コース」、オリジナル作品を作って動画などを仲間に公開できる「自由制作」を通じて、楽しく遊びながら自然と学んでいける内容となっている。プログラミングを学ぶ画面では、直感的に理解できるビジュアルプログラミングを採用。プログラムをロボットに転送し、その反応を見ながら試行錯誤を重ねて、思った通りの動きに近づけていく。コアやセンサー、ケーブルといった電子パーツも、触って試したくなる洗練されたデザインだ。 KOOVを利用するには、KOOVアプリに対応するパソコンもしくはタブレット端末と、インターネット環境が必須。基本パーツがセットになっているスターターキットと、ブロックと電子パーツの全てがそろっているアドバンスキット、追加して楽しめる拡張パーツセットが発売されている(スターターキットと拡張パーツセットの2つでアドバンスキットに相当)
これはおもしろそうですね。いいかも。