FC2ブログ


2017年03月24日 (金) | Edit |
渇望された128GB登場。iPhone SEが容量倍増でお買い得ぅ!?
http://www.gizmodo.jp/2017/03/128gb-iphone-se.html
21日のメンテナンスで、iPhoneに(RED)が追加されたりiPadがリニューアルされたりといくつかの更新がありましたが、ひっそりとiPhone SEにも変化がありました。16GB、64GBモデルが無くなり、32GB、128GBモデルへと2倍に容量アップしたのです。価格は32GBは4万4800円(税抜)と旧16GBモデルとお値段据え置き。128GBは5万5800円(税抜)で旧64GBと比べると6,000円アップしていますが、どちらも素晴らしいお買い得感。特に128GBの安心感はステキすぎますよね!画面は4インチがジャスティスだ!という意見も多々あります。  実際片手で使うにはiPhone SEはいいサイズ。スペック的にも1200万画素メインカメラにパワフルなA9チップを搭載してiPhone 6s世代と変わりませ
SEは見た目が5sと同じというのがネックなんだよなー。それとApple Payに非対応というのもなー。8待ちかなー。
2017年03月24日 (金) | Edit |
NAND(SSD)より高速でメモリ(DRAM)より安い不揮発性高速メモリ「Intel Optane SSD DC P4800X」がいよいよ登場
http://gigazine.net/news/20170322-intel-optane-ssd-dc-p4800x/
ntelがMicronと共同で開発していた次世代のメモリ技術「3D XPoint」を用いた、DRAMよりも安価でNAND(SSD)よりもはるかに高速なストレージ「Intel Optane SSD DC P4800X」がいよいよ市場に登場します。3D XPointテクノロジーがなぜ生まれたのか、そしてコンピューティングにとって革新的だとIntelが言う意味は、以下のムービーを見ればよくわかります。(中略)DC P4800Xはランダムリード(4KB)が最大55万IOPS、ランダムライト(4KB)が最大50万IOPSとストレージとしては高速。さらにIOP(1秒あたりの入出力回数)が増えてもレイテンシーがほとんど変わらないという大きな特長があるとのこと。まずは容量375GBのモデルが2017年後半に1520ドル(約17万円)で発売され、その後、750GB、1.5TBモデルがPCI-ExpressとU.2で登場する予定です
17万円?だめだ、こりゃ。
2017年03月24日 (金) | Edit |
単純な仕掛けで自動運転カーの身動きを封じてしまう恐るべきトラップ
http://gigazine.net/news/20170323-autonomous-trap-001/
ロンドン在住のクリエーターであるJames Bridleさんが作ったのが、この実線と破線で描かれた2つの輪。「Autonomous Trap 001」と名付けられたこの作品は、中にはちょうど自動車が入る大きさになっており、自動運転カーがこの中に入ると身動きが取れなくなってしまうとのこと。(中略)これは、自動運転カーが道路に描かれた車線を読み取りながら走るという仕組みを「ハック」するというもの。破線から実線へは「進入してよし」であるのに対し、実線から破線へは「進入不可」という海外の道路標記のルールに従い、円の中には入れるものの、ひとたび入ってしまうと「進入禁止」の線に囲まれてしまうことで、完全に動きを封じられてしまうというコンセプトを表現したものというわけです
なるほどなー、こういうトラップで追い込むことができるのか・・・。いじわるですけど自動運転がいかに未熟な技術であるかがよくわかりますね。
2017年03月24日 (金) | Edit |
ジョブズ氏が見たら怒りそうなアップルの現状10選
https://japan.cnet.com/article/35098136/
「それから、もうひとつ」(Steve Jobs氏)  Steve Jobs氏は、iPodでAppleをメインストリームへと押し上げ、iPhoneでその土台を固め、iPadで頂点に達した。だが、ストーリーはそこで終わっている。   Jobs氏亡き後のAppleが新たにリリースしたデバイスは「Apple Watch」だけで、確かに他のスマートウォッチと比べれば大成功と言えるものの、Apple Watchが次なるiPhoneのような製品になる気配は見えない。テレビや自動車、VRデバイス、ARデバイスなど、うわさは絶えないが、次の目玉は今のところAppleを避けているよう
明らかにアップルが間違っているのは製品の種類が多くなりすぎているということだ。シンプルさが失われたことがアップルの将来に暗い影を落としている。次に来るはずのAI技術をとってみても、Siriはいまだにバカだ。アレクサに大きく水をあけられている。アップル本社は完成したそうだが、あれが負の遺産にならないことを願うばかりだ。
2017年03月24日 (金) | Edit |
アマゾン「Alexa」が初めてスマートフォンに搭載--ファーウェイ「Mate 9」
https://japan.cnet.com/article/35098550/
Amazonの人工知能(AI)アシスタント「Alexa」は、最初は「Echo」デバイスにしか搭載されていなかったが、その後「Fire TV」や「Fire」タブレットでも使用できるようになっている。そして今回、Huawei(ファーウェイ)が初めて、スマートフォンにAlexaを搭載する。Amazon EchoでAlexaを既に使用しているユーザーは、Huaweiの米国版「Mate 9」でも同じコマンドが使用できるようになる。Huaweiは米国時間3月22日、「Alexa Huawei」アプリを22日午後に「Google Play」ストアで提供開始すると発表した。米国版のHuawei Mate 9でAlexaを利用するには、「Amazon Alexa」アプリとAlexa Huaweiアプリの両方をインストールする必要がある。Alexaは音声に反応して動作するが、Alexa Huaweiアプリには現在、常時リスニングモードがない。最初にアプリを起動してリスニングモードを有効にする必要がある。これを行うための最も便利な方法が、Mate 9に搭載されているQeexoの「FingerSense」機能を使用することだ。Alexa Huaweiアプリに4文字(c、e、m、w)のうちの1つを再度割り当てるだけで、指の関節を使った「ナックルジェスチャ」によってアプリを直ちに起動することができる
この流れ、ですよね。アレクサくんが早く日本語に対応してくれないかなー。