--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年11月28日 (火) | Edit |
sudo apt-get update

sudo apt-get install linux-image-extra-$(uname -r) linux-image-extra-virtual

sudo apt-get install apt-transport-https ca-certificates curl software-properties-common

ドッカーの公式GPGキーを追加
curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -

sudo apt-key fingerprint 0EBFCD88

sudo add-apt-repository "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu $(lsb_release -cs) stable"

sudo apt-get update

sudo apt-get install docker-ce

使用可能なバージョンを一覧表示
apt-cache madison docker-ce

sudo docker run hello-world
docker: Cannot connect to the Docker daemon at unix:///var/run/docker.sock. Is the docker daemon running?.

sudo service docker status
Docker is not running

docker ps

sudo start docker
start: Unable to connect to Upstart: Failed to connect to socket /com/ubuntu/upstart: Connection refused

sudo systemctl start docker
Failed to connect to bus: No such file or directory

うーん、デーモンが動かないでつね・・・orz
Docker for Windows使えばいいじゃんってのは華麗にスルーでつ。
スポンサーサイト
2017年11月28日 (火) | Edit |
https://japan.cnet.com/article/35111031/

少なくとも現時点では、Microsoftからの正式な発表はないが、同社はすべての「Chromebook」ユーザーが「Microsoft Office」を利用できるようにしたようだ。このことに気付いたのはChrome Unboxedだ。同ウェブサイトが米国時間11月22日に報じたところによと、さまざまなChromebookモデルのユーザーが、「Google Play」ストアからOfficeアプリをダウンロードしているという。Microsoftは2014年に、Officeアプリ(「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」)のウェブ版を、Chromebookユーザーも利用できるようにした。その後、同社は「Office」を「Android」で使えるようにしており、これらのOfficeアプリが「Chrome OS」デバイス上でも動作するということだ

これはすごいことですねー。だってOfficeさえ動けば、Windowsである必要はなくなるわけですから。Ubuntuに代わってChromeOSがタークホースになる可能性すらあります。びっくりですねー。というかですね、ChromeOSはもともとLinuxなんだし、Linux版Officeの登場だってありうることになりませんか?どうなってしまうん?
2017年11月28日 (火) | Edit |
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/16/110700001/112100053/?itp_pickup

提供する情報はできる限り絞る、スマホアプリとデータ連携させる、といった音声ユーザーインタフェース設計の定石がいくつか提唱されるようになっており、「今後急ピッチで成熟度が高まる」と幸田さんは見ている。  成熟度が高まったときどのようなものになるのかは、現時点では想定しにくい。意図解釈の精度が高まり、音声コマンドを知らなくても容易に意図が伝わるようになれば、今のEchoとは全く別物になるはずだ。  これからの進化をウオッチするため、筆者も幸田さんの真似をしてEchoを使っている。毎日使うのは、radikoが提供する「radiko.jp」というアプリ。選局も音量変更も音声で操作できるラジオとしてEchoを使っているだけだが、認識精度はそこそこで使い勝手は悪くない。ここからどう化けるか。楽しみである

まぁ、まだ発展途上のものだから今のレベルは期待しすぎてはいけないのだろう。ただ、ベゾスがその先に見据えているものはスマートホームのディファクトスタンダードになることであり、ひいてはマンマシンインターフェースを席巻することだろう。そうなれば、世界は彼の手中になると言っても過言ではあるまい。私たちは彼の手の平の上で踊るしかなくなるのだ。ここがビル・ゲイツとは次元の違うスケールであり、テッド・ファロを地で行っている所以である。
2017年11月27日 (月) | Edit |

Amazonのジェフ・ベゾスCEOは2017年3月に世界で上位100人の資産額をランキングにした「Bloombergビリオネア指数」で2位に浮上していましたが、6月27日付のBloombergビリオネア指数で、ベゾス氏がMicrosoftの創始者であるビル・ゲイツ氏を抜いて世界1位にランクインしました。しかし、Amazonはその数時間後に決算報告を行ったのですが、Amazonの株価が3%低下したため、ベゾス氏の「世界一の億万長者」の座がわずか数時間で崩れるという事態になりました

いやー、すごいですねー、ベゾス。ジョブズ亡き後、世界を牽引しているのは間違いなくアマゾンのベゾスです。クラウドしかりAIしかり。この2つの分野を勝ち得たかに見えるアマゾンに死角はありませんな。ビル・ゲイツを恒久的に抜き去るのは時間の問題であります。まぁ、目もくらむような資産額です。テッド・ファロを地で行ってるなー、と思うのは私だけでしょうか。アレックス搭載のエコーの招待メールをリクエストしたけどいつ来るんだろうか。
2017年11月27日 (月) | Edit |

今後のデスクトップに関する方針では、遅れている「Unity 8」への投資を終了し、2018年に予定されている「Ubuntu 18.04」から「GNOME」に回帰する予定になっている。 Shuttleworth氏は、今後スマートフォンに関する取り組みは終了するものの、引き続きデスクトップ用Ubuntuには高い優先順位が与えられると強調した。「数百万人が利用しているUbuntuデスクトップに対する情熱と投資、そして献身は今後も継続されると強調しておく。われわれは、今後も世界でもっとも使いやすいオープンソースデスクトップを作り続け、既存のLTSバージョンを維持し、デスクトップを配布する事業パートナーと連携し、Ubuntuを利用する法人顧客に対するサポートを提供し、それを使ってイノベーションを起こしているIoT分野やクラウド分野の開発者を喜ばせる」(Shuttleworth氏)

いやー、やっとですか。クソなインターフェースのUnityを諦めてくれて本当に嬉しいかぎりです。私はUnityが大キライでもっぱらMateばかり使っていました。ということはMateやMintの存在感がなくなってしまうことを意味しますな。これでLinuxのユーザーインターフェースはGnomeに収斂すると言っても過言ではありませんね。もっと言えば、長い目でみたらパソコンOSはUbuntuに収斂するかもしれません(WindowsやmacOSを押しのけて)。これは今年一番の朗報です。(って4月の記事なんですけどね)
2017年11月21日 (火) | Edit |
新しいiPhone8の画面が真っ暗になり何も受け付けなくなった、というか、電源が入っているのかどうかさえわからなくなった。どうやら故障したようだ。ということで久々にiPhone5sの手にとって電源を入れてみた。すごくしっくりくるサイズだということをしみじみ感じた。そして、速攻でApple StoreでSEを注文した。iPhone8を修理するかどうかは決めていないけど、たぶんもう使わない。4インチが私にとってはベストなサイズだと痛感した。さらば、iPhone8。ジョブズが生きていたら、たぶんiPhoneは4インチのままだったんじゃないか、と思うのである。
2017年11月16日 (木) | Edit |
chainerを使ってAI的なアルゴリズムで写真をゴッホ風の絵画にするっていうヤツがあるんですけど動かすまでに結構苦労しました。
まず、「caffe」っていうのをインストールしておく必要があります。このcaffeのコンパイルでまずつまづきます。コンパイラがエラーを吐くので一々対応しないといけない。caffeのソースをダウンロードします。
make clean
make all
make test
make runtest
で[PASS]と表示されるまでの道のりがハンパないです。ここまでたどり着いたらあとすこし。

make pycaffe
python
>>>import caffe
で何もエラーが出なければOKです。

これでやっとchainer-gogh.pyを実行できる環境が整いました。でもまだハードルがあります。

ダウンロードしたchainer-gogh.pyとmodels.pyは構文が古く、最新のpythonでは動いてくれません。
なので、chiner-gogh.pyの101行目と102行目の、「, volatile=Train」という文字列を削除し、その上の行に以下のセンテンスを書きます。
with chainer.using_config('enable_backprop', False):
で、これだけではまだエラーを吐きやがります。
次の行の頭にインデントをいれます(TABかスペース)。つまり次のようになります。

100 with chainer.using_config('enable_backprop', False):
101     mid_orig = nn.forward(Variable(img_orig))
102 with chainer.using_config('enable_backprop', False):
103    style_mats = [get_matrix(y) for y in nn.forward(Variable(img_style))]

で次にmodels.pyを修正します。
22行目の、「, train=True」を削除します。

あ、それと、「nin_imagenet.caffemodel」ってファイルをダウンロードして実行フォルダに置いておかないとエラー出します。

これで動きます。つーか、CPUのみでやる場合、時間がめちゃくちゃかかりますな。
時間を短縮する方法は、GPUの演算能力を使うことですが、CUDAの導入とかcaffeのコンパイルエラーへの対応とかさらにハードルが上がります。AIって言っても単なるアルゴリズムみたいな気がしなくもないですよね・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。