--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年12月13日 (水) | Edit |
JDIがVR専用の803ppi液晶、ボケない&酔わないVR実現へ。1,000ppi超も開発加速
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1096434.html

ジャパンディスプレイ(JDI)は12日、高精細な803ppiのVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)専用の3.6型液晶「LTPS TFT-LCD」を開発したと発表した。量産は2018年内を予定している。さらに、2018年上期には1,000ppiを超えるディスプレイの開発を完了予定。開発されたディスプレイのサイズは3.6型で、解像度は1,920×2,160ドット。液晶モードはIPS。リフレッシュレートは90Hz、輝度はTyp.150cd/m2、応答速度は4.5ms(中間応答ワーストケース)、色域はTyp.70%(x,y)。コントラスト比はTyp.700:1。バックライト方式はグローバルブリンキング

PS4 VRを購入してしばらく遊んでみたいのだが、思ったよりVR酔いが激しいのには閉口した。最初無理してプレイしたときなんかは吐いた。バイオハザードは怖すぎてすぐにギブアップ。レーシングゲームは酔うのと汗をかくのですぐにリタイヤ。VRは解像度も低いし酔うしまだまだって感じですね。Ver3.0くらいになって酔わなくなったらまたやってみたい。
スポンサーサイト
2017年12月05日 (火) | Edit |
http://news.livedoor.com/article/detail/13984245/

AutoMLはNASNetの性能を査定してその情報をNASNetの改善に用います。この行程を何千回も繰り返します。研究者らはImageNet image classificationとCOCO object detectionという2つの巨大画像データベースサイトで実験を行いましたが、NASNetはこれまで人類が作り上げたどのコンピュータ視覚システムよりもよい成績を収めました。 NASNetの正答率は82.7%に及び、これまでで最も正答率の高かった人類作のAIよりも1.2%上回っています。また、平均適合率の平均は43.1%となり、4%能率的となっています

いやー、もうこんなレベルになってるんですね、AIの最先端は。恐るべし、AI。さらに、

NASNetはコンピュータ視覚システムという限定されたタスクを行うAIですが、10月にBUZZAP!が報じた「AlphaGo Zero」も「強化学習」を用いて囲碁の基本ルール以外を全く教えない白紙の状態からこれまでの人類の編み出した打ち手のデータを用いず、わずか3日間で従来型「AlphaGo」に100勝0敗で完勝したばかり

名人を打ち負かせたAlphaGoは今や新型に完敗しているようです。このスピードではシンギュラリティは来年にもやってきそうな勢いですね。アレクサくんもどんどん賢くなりそう。世の中どうなってしまうん?

でも、PCのIMEって依然バカですよね。グーグルはGoogle IMEにAI搭載すべきですよ、絶対。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。