FC2ブログ


2013年03月28日 (木) | Edit |
「改造や修理もままならない」:著作権の行き過ぎに警鐘(WIRED.jp)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130328/466621/?top_nhl
ところが現在の著作権法は、学生や研究者、中小企業の経営者など、一般の人々が犯罪者扱いされかねない内容になってしまっている。そして、通信機器メーカーのAvayaのような例が出てきたのもそのせいである。フォーチュン500にも名前を連ねるこの大企業は、同社製電話システムのメンテナンスのためにサーヴィス会社がパスワードをつかってシステムにログインしたことが著作権の侵害にあたるとして、このサーヴィス会社を訴えたことで知られている。パスワードを打ち込むことは「著作権で保護されたものの再生産」にあたるというわけである
著作権の行き過ぎは害しかもたらさない。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック