--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年05月28日 (火) | Edit |
メガソーラー:北海道内、事業見直しの動き 北電、受け入れ限界
http://mainichi.jp/select/news/20130526mog00m020004000c.html
再生可能エネルギーを固定価格で買い取る国の制度が始まってから、間もなく1年。日照量が多く広大な土地もある北海道内では、メガソーラー(大規模太陽光発電施設)の設置計画が相次ぐ。だが、北海道電力が受け入れ容量の限界を表明、さらに買い取り価格の減額も重なったことで事業見直しの動きも出てきた。国、北電、事業者それぞれの思惑が交錯する中、再生可能エネルギーの潜在能力と「限界」の両面が表面化してきた
再生エネルギーで原発代替という妄想が破綻した瞬間だ。こんなのはスペインやドイツで破綻するのが証明されていたはずだ。それなのにスッカラ菅は原発をすべて止めて再生エネルギーを連呼した。この罪は断罪されるべきだ。これほどの混乱を国家に与えたのだから「国家騒乱罪」で極刑が妥当だ。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。