FC2ブログ


2013年05月31日 (金) | Edit |
アイ・オー、B-CAS不要のPC向け地デジチューナ
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130529_601305.html
アイ・オー・データ機器は、ソフトウェア方式のコンテンツ保護に対応し、B-CASカードを不要にしたパソコン向け地上デジタルチューナ「テレキング GV-MVP/FZ2」を6月下旬に発売する。価格は11,130円。地デジのコンテンツ権利保護において、B-CASカードを用いない新しいソフトウェア方式(コンテンツ権利保護専用方式/地上RMP方式)に対応した、コンパクトな地上デジタルチューナ。「業界初のB-CASカードが不要なテレビキャプチャー」(アイ・オー)という。外形寸法は75×23×10mm(縦×横×厚さ)で、重量は約16g
B-CASがなくなるのはいいことだが、そもそも地上波にDRMをかけることが間違っている。日本国民はテレビを見る権利(知る権利)を不当に侵害されているのにだまっているおかしな民族。これは基本的人権の侵害に当たる重大な問題だ。テレビ局はただちに地上波のDRMを撤廃しろ。有料コンテンツはBSでやれ。地上波は国民の知る権利のためのメディアだ。それにカギをかけるなど言語道断だ。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック