--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年11月01日 (日) | Edit |
太陽光発電、全量買い取りへ 来年度、菅副総理が方針
http://www.asahi.com/business/update/1031/TKY200910310292.html
ただ、電力会社は現在、1年間の買い取り費用を翌年度の電気料金に上乗せして回収している。余剰電力買い取りで、経済産業省は11年度、標準家庭で月平均30円程度負担が増えると試算したが、全量買い取りになればさらに上乗せ額が増え、太陽光パネルを設置していない国民の負担は大きくなる
ふーむ、太陽光発電をとり取り付けないヤツは高負担なわけですね。

菅「国が1円も使わないで太陽光パネルがわっと増える」→誰がカネを出すかは本文参照

http://kanasoku.blog82.fc2.com/blog-entry-12133.html
やっぱり「錬金術」だとたたかれてますね。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
■太陽光発電、全量買い取りへ 来年度、菅副総理が方針―そんなに簡単なことか? 少し頭を冷やして考えてみよう!!
こんにちは。東京都内で菅さんは、太陽光発電を、全量買い取れば、すぐにも規模を拡大できるようにかなり、簡単にできるように説明しました。しかし、太陽光発電そのものが電力変換効率がかなり悪いこと、EUでは今年の夏あたりから、太陽光発電バブルがはじけていること、さらには、日本が太陽光発電などの分野では遅れたものの、環境先進国(二酸化炭素削減だけが環境問題ではありません)であることなどを考えると、そもそも、なぜ、太陽光発電を日本国内で拡大する必要があるのか、はなはだ疑問です。菅さんの発言は、以上のことを勘案した上での、発言なのでしょうか?私には、とてもそうは思えません。そういう意味では、菅さんの発言、鳩山総理の二酸化炭素排出量削減目標25%と同じく、非常に軽い発言だったと思います。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。
2009/11/02(Mon) 11:30 | URL  | yutakarlson #.BcbyNME[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。