FC2ブログ


2009年11月01日 (日) | Edit |
元大物大蔵次官を郵政社長に登用した亀井大臣の真の狙いと、その危うさ
http://diamond.jp/series/machida/10098/
竹中平蔵氏は10月25日に民放の討論番組に出て、「異常なことが重なっている」などと批判した。(中略)しかし、この種の批判は的外れとしか言いようがない
いやいやどこからどう見ても異常だろう。どこが的外れなのか。その理由が、
西川氏は(中略)特別背任容疑で刑事告発を受けていたからだ
ということなのだが、まったく腑に落ちないぞ。
亀井人事のポイントは、「反自民」「反小泉・竹中」「反西川」という範疇に分類されそうな人脈を分厚く登用したことにある
亀井氏の鼻息が荒いのは小泉さんに冷や飯を食わされた鬱憤晴らし的なにおいがすると思っていたのだがまさにそのようだ。狂ってる。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
刑事告発
> 西川氏は(中略)特別背任容疑で刑事告発を受けていたからだ

竹中氏がテレビで言っていたが、刑事告発ってのは誰でもできるそうだ、ただし、受理されるとは限らない。しかし、国会議員なんかが刑事告発すれば、検察も門前払いってわけにはいかない、一応は受理するらしい。
西川氏の告発は、原口議員(元総務相)等が行ったので受理されている。
しかし、これは起訴でもなければ、有罪でもない。
この辺、政治的なやり方だということだ。
鈴木宗雄氏の場合は、起訴されているので、現在被告である。しかし、議会のなんとか委員長になっている。
2009/11/02(Mon) 07:04 | URL  | かんじ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック