FC2ブログ


2013年06月25日 (火) | Edit |
NOTTVの謎
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51862140.html
月額料金は420円だから、100万人が払っていたら売り上げは50億円を超えているはずだが、官報によれば今年3月期の売上は11.4億円なので、これは「NOTTV内蔵端末」の数だろう。おかげで営業損失は216億円。株主資本が170億円だから、もう債務超過だ。ドコモの設備コストは当初の申請でも438億円だったから、赤字はまだまだふくらむだろう。しかし昨年度の営業利益が8372億円のドコモにとっては、438億円ぐらいドブに捨てても大したことはない。それよりこうして電波部に義理立てしたことで、700MHz帯の電波をタダでもらえた。この電波の時価は2000億円以上なので、バーターとしては電波部もドコモも得したのだ。損したのは貴重な電波をタダでドコモに取られた納税者と、これからNOTTVが放送打ち切りになったときの利用者である。おかげで、あれだけ大騒ぎして停波したVHF帯のほとんどは、いまだに空いたままだ。オークションにかけて普通のテレビ局をつくればいいのだが、民放連が許さないので、貴重なVHF帯は永遠に空いたままだろう
池田氏のバイアスを差し引いてもおもしろい記事だね。煮ても焼いても食えないサービスのウラにはこんなことがあったんですね。こんな食えないサービスが100万台も売れているというのはびっくりだ。民放連はマジ悪の枢軸だよね。腐った日本のテレビ業界の集まりだ。B-CASを導入するときに世界は日本のあとをついてくる、と豪語したのに地上波にDRMをかけるようなバカな国は日本だけだった。日本人はおとなしい民族だ。自分たちの知る権利が不当に侵害されているのに誰も騒がない。自由の国のアメリカでこんなことをしたら暴動が起きるレベルだ。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック