FC2ブログ


2013年06月29日 (土) | Edit |
「Windows XP」--使い続けて何がまずい?
http://japan.zdnet.com/os/sp/35033792/
何度か「執行延期」され、数年前のネットブックブームでは再び注目を浴びた「Windows XP」だが、Microsoftの公式サポート終了まで1年を切るに至って、ようやく最期の時が近づいてきたようだ。これはITプロフェッショナルにとっては不思議なことではないが、「Windows 7」の導入に4年もあったにもかかわらず、TechRepublicでのアンケートや、私の非公式調査(飛行機に乗ったときに他の人のラップトップの画面をチラ見する)によれば、多くの組織は、この使い古されたOSを置き換えるつもりがないようだ。何が起きているのだろうか?
考えてみい欲しい。サポートが終了したOS、たとえばWindows98SEを使い続けてどうにかなったという話は聞いたことがない。同じく、Windows2000Serverだっていまだに現役だ。それで不具合が起きているなどとは聞いたことがいない。みんなマイクロソフトの脅しの営業文句を鵜呑みにしているだけだ。どうしてLinux+WINEという選択肢を検討しないのか不思議だ。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック