FC2ブログ


2013年07月26日 (金) | Edit |
初のネット選挙が盛り上がらなかったワケ
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2302H_T20C13A7000000/
ネット選挙が解禁されれば若者が投票に行き、ソーシャルメディア上では有権者を巻き込んだ政策論争が展開される…。そんな事前の期待は裏切られた。初のネット選挙が盛り上がらなかったのには理由がある。選挙運動の風景は大きく変化した。政党や候補者は、フェイスブックやツイッターを利用し、情報を発信してネット選挙に対応した。が、投票率は52.61%で、戦後3番目の低さにとどまった。橋元良明東京大学教授らの調査によると、ネットを通じて候補者や政党が発信した情報を見たと回答した人は18%。候補者や政党に対するデマやひぼう中傷を見た人は6%とこちらも低い。ただ、これはある程度予想できたことだ
まぁ、初めて解禁されたわけだからみんな慣れていないというだけのこと。これからいろいろ研究していけばいい。何かブレークスルーが起こればネットでの選挙運動はおもしろいことになるに違いない。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック