FC2ブログ


2013年08月08日 (木) | Edit |
電波逃したソフトバンク、2年は臥薪嘗胆の孫社長
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK05036_V00C13A8000000/?dg=1
総務省が募集した携帯電話向けの新周波数の獲得競争で、ソフトバンクが苦杯をなめた。怒りをあらわにして、総務省に抗議する孫正義社長。見え隠れするのは、日米をまたがる高速通信サービス戦略のつまずきから来る焦りだ。まとまった幅の電波が使用可能になる2015年までは、既存の電波のやり繰りに追われ、ライバルのNTTドコモやKDDI(au)に高速化で後れを取る懸念がある
天下りを受け入れているauが甘い汁をすったということだろう。その意味では孫さんの気持ちは理解できる。天下りは絶対にいかんぞ。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック