FC2ブログ


2013年08月08日 (木) | Edit |
グーグル「Chromecast」レビュー--機能を絞り込んだ35ドルの動画ストリーミング用デバイス
http://japan.cnet.com/news/commentary/35035524/
Googleの「Chromecast」について何か耳にしているとすれば、35ドルという価格についても聞いているはずだ。Googleはコネクタのようなかたちをした、このストリーミング用の新デバイスに非の打ちどころがない価格を設定したと言える。そして、大きな話題を呼ぶとともに、一般大衆の「衝動買い」を誘うことに成功した。このドングルは既に売り切れとなっており、数週間分の受注残を抱えている。しかし、Chromecastをしばらく使用していると、35ドルという価格はさほどお買い得というわけではなく、むしろこのデバイスの価格としてぴったりに思えてくる。Chromecastは「Android」や「iOS」を搭載したモバイル機器をリモコンとして使用することで、「Netflix」や「YouTube」のストリーミング視聴を可能にしてくれるうえ、Androidユーザーであれば「Google Music」や「Google Play Movies & TV」も利用できる。また「OS X」や「Windows」PC上のChromeブラウザを経由することで、「Hulu」や「HBO GO」のコンテンツ、そしてCBSやNBC、FOX、ABCといった主要ネットワークが公開しているドラマの全エピソードをそれぞれのウェブサイトからミラーリングする機能もサポートされている。ハードウェアは極めてコンパクトであり、作りもしっかりしているため、旅行の際に気軽にカバンに放り込めるし、部屋から部屋への移動の際にも手軽に扱える。しかし、それ以外の機能は無い
これは、テレビ番組の終わりの始まりである。お茶の間の王様として君臨してきた地上波テレビ番組はこういうデバイスによって数多くあるコンテンツの中のひとつになってしまうのである。テレビに取り付けるカタチのもっともっと魅力的なデバイスが今後もどんどん出てくるだろう。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック