FC2ブログ


2009年11月13日 (金) | Edit |
鳩山政権の「劣化」はどこで止まるか
http://diamond.jp/series/yamazaki/10105/
最初に与えてくれた軽い失望は、記者クラブ所属以外のメディアに対しても開放するはずであった首相の記者会見を、実際には開放しなかったことだ(中略)「約束」がこんなに簡単に破られることに対して、違和感を感じたのは確かだ
同意。
平野官房長官に関連する問題としては、官房機密費に関する情報公開を拒否する姿勢にも鳩山・平野コンビの非誠実を感じる(中略)民主党としての見解の連続性を不問にしたまま「信じろ」と言われても、こんな男を信頼できるはずがない
まさしく。
平野官房長官の存在は鳩山内閣のイメージ・ダウンにもつながっているのではないか
そのとおりだが、イメージダウンになっていない人を探すほうが難しい。
鳩山内閣の言行不一致でさらに深刻且つショッキングだったのは、日本郵政の首脳人事に露骨に見られたような官僚の「天下り」を容認する人事だった
うんうん。
現政権には、かなりの自由度があり、「国民がイメージする自民党政権よりも少しマシ」な点まで劣化しつつ、利権を謳歌する余地がある
というのが記事の結論のようだ。余裕ですね、民主党。事業仕分けなんか私から見てもプラス要因ですからね。小沢氏の外国人参政権攻撃が一番怖いですけど。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック