FC2ブログ


2013年11月26日 (火) | Edit |
ウィンドウズ8の誤算と8.1の思惑
http://www.asahi.com/articles/TKY201311210155.html
こうしたことで、必要以上に「新操作を押しつけて使い慣れたやり方をしにくくした」との印象を与えてしまったように見えます。ウィンドウズ8.1ではこれらを修正することでバランスを取り、マイナス評価をプラスに近づけようとしています。従来通りの使い方をしたい人にしてみれば、「新しいUI」の部分は蛇足で、邪魔でしかありません。一方で、新しい利用スタイルや用途に合わせてUIが変化する必要があるのも確かです。新しい操作や考え方を採り入れる場合、従来の部分との混ぜ方が重要ですが、ウィンドウズ8の「新しいUI」は少々やり過ぎてしまったということなのでしょう
「少々やり過ぎた」というレベルではない。完全に行く方向を間違えてしまっている、というのが正解だ。あのアップルでさえ、デスクトップOSとタブレットOSをひとつにしようとは思わなかった。してはいけないからだ。それをマイクロソフトはしてしまったのだ。やってはいけないことをした製品というものは醜悪で使いにくい。Windows8はそんな製品なのだ。そんなWindows8なのだが、生き残る道がひとつだけある。それはタブレット専用OSとしての道だ。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック