FC2ブログ


2014年03月20日 (木) | Edit |
iPad 2販売終了、第4世代Retinaモデル復活
http://ascii.jp/elem/000/000/876/876413/
2011年に登場して以来、長らくiPadシリーズラインアップの一員だった「iPad 2」。Retinaディスプレイを搭載した第3世代、Lightningコネクターを搭載した第4世代が登場してもなお、入手しやすい価格で販売されていたが、ついに販売終了となった。Apple StoreのiPadカテゴリーを見てみると、iPad 2の項目が消えている。代わりに、すでに販売を終了していたiPad Retinaディスプレイモデル(第4世代)が再販される運びとなったようだ。容量は16GBのみで、価格は4万6800円。カラーはブラックとホワイトの2色展開。Wi-Fi + Cellularモデルはなく、Wi-Fiモデルのみ
ということです。どうして第4世代iPadが復活したんだろう。謎だ。廉価版という位置づけなのだろうか。

Apple、第4世代 iPad を値下げして販売再開、3万9,800円から
http://internetcom.jp/allnet/20140319/1.html
Apple は、「iPad Retina ディスプレイモデル(第4世代 iPad)」を値下げして販売再開した。低価格モデルという位置づけで、販売価格は、無線 LAN(Wi-Fi)対応の 16GB モデルが3万9,800円、Wi-Fi + LTE 対応の 16GB モデルが5万3,800円。最近の為替の円安にもかかわらず、Wi-Fi 対応モデルは初登場時より3,000円程度安くなっている。
やはり廉価版ということのようだ。ただ実質4万円だからなー、高いよ。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック