FC2ブログ


2014年03月20日 (木) | Edit |
Unity 5.0はライティングとオーディオを大幅改良, プラグイン不要のブラウザ内ゲームをサポート
http://jp.techcrunch.com/2014/03/19/20140318unity-5-announced-with-early-support-for-plugin-free-browser-games/
Unityを知らない人も、それで作られているゲームで遊んだことは、きっとあるはずだ。Unityは、ここ数年で人気が急上昇したゲーム開発エンジンだ。その主な魅力は: ゲームを一度だけ作ると、それがXbox、PS3、Windows、iPhone、Androidなどなど、どんなプラットホームでも、それほど苦労なく、しかもネイティブで動くことだ。今朝(米国時間3/18)のGDC(Game Developer’s Conference)でUnityは、そのエンジンの5度めのリリースを発表した。それはUnity 4.0のローンチから数えて16か月ぶりだ。
すげー、いよいよ専用ゲーム機は必要なくなるなー。ChromeOSとパソコンさえあればいい。Linuxとパソコンだけでもいい。いずれにしてももうWindowsである必要はなくなってくるよねー。もうOSでお金をとる時代ではなくなったということだ。胸熱だ。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック