FC2ブログ


2014年03月20日 (木) | Edit |
パソコンだけじゃなく、インターネットも終わってた
http://ascii.jp/elem/000/000/874/874769/
インターネットは無くなりません。しかし、1995年ころの、「誰でも世界中に情報発信できて、誰でも無料で世界中の情報にアクセスできるツール」として熱狂的に受け入れられたインターネットはいつの間にか無くなっていました。主な原因は特集でも取り上げたとおり、スマートフォンとクラウドです。キーボードもマウスもないスマホでの情報発信は写真や映像、ツイッターのような短めのテキストが中心で、ブログのようなひと固まりの意見を発信するには不向きです。ウェブの最大の魅力である混沌(こんとん)とした輝きは失われ、言葉の定義はウィキペディア、レシピはクックパッド、SNSはフェイスブック、というように巨大サイトが多くの利用者を集め、リンクをクリックして別のサイトに飛び、価値観の異なるコンテンツに出くわす「ネットサーフィン」は死語になりました
何を言ってるのだろうか。インターネットはさながら宇宙だ。終わりようがない。クラウドもSNSもその宇宙の中に咲いた花である。花はいつかしぼむだろうがまた新しい花が咲く。それを繰り返してより成熟した宇宙になっていくのだ。この記者の誤りは、土壌であるべきインターネットを花と同列に扱ってしまっている点である。さらにネットサーフィンが死語とはバカじゃないだろうか。ことさら言わなくなっただけでブラウザでやっていることは基本的にネットサーフィンだ。こんな認識でITサイトの記事を書いているとはなさけないにもほどがある。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック