FC2ブログ


2014年03月31日 (月) | Edit |
2014年1月の米国スマホ市場、端末3位は Motorola を抜いた LG、OS 3位 は BlackBerry を抜いた Microsoft
http://internetcom.jp/wmnews/20140328/1.html
端末メーカー別シェア順位は、1位が Apple の41.6%(2013年8月から10月の調査に比べ1.0ポイント増)、2位が韓国 Samsung Electronics の26.7%(同1.3ポイント増)、3位が韓国 LG Electronics の6.9%(同0.3ポイント増)、4位が米国 Motorola の6.4%(同0.6ポイント減)、5位が台湾 HTC の5.4%(同1.3ポイント減)。これまで4位だった LG が Motorola を抜いて3位に上昇した。ただし、Apple と Samsung の2強との差はまったく縮まらない
だいじょうぶ、サムチョンの端末はもう魅力がない。シェアは落ちるだろう。代わりに来るのがソニーだ。
プラットフォーム別シェア順位は、Google 製 Android の51.7%(2013年8月から10月の調査に比べ0.5ポイント減)、Apple 製 iOS の41.6%(同1.0ポイント増)、米国 Microsoft の3.2%(同±0.0ポイント)、カナダ Blackberry の3.1%(同0.5ポイント減)、フィンランド Nokia 製 Symbian の0.2%(同±0.0ポイント)という順番。こちらは、これまで4位だった Microsoft が Blackberry を抜いて3位に上昇した。しかし、端末メーカーの情勢と同じく、Android/iOS の2強体制は崩せそうもない
というか、ユーザーが2強体制を崩す必要があるとは思っていないのに崩れるはずがない。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック