FC2ブログ


2014年07月22日 (火) | Edit |
パイオニア、30年ぶりのアナログターンテーブル。DJ用「PLX-1000」、TADと同パーツも
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140717_658439.html
パイオニアは、DJ/クラブ向けの新製品として、同社で30年ぶりとなるプロフェッショナル向けアナログレコードターンテーブル「PLX-1000」を9月上旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は74,000円前後。7月25日よりパイオニア プラザ銀座において先行展示する。DJ/クラブシーンで根強い人気があるというアナログターンテーブルの製造メーカーが減少し、DJプレイ向けのターンテーブルの継続供給を望む声が高まったことを受けて製品化。1984年の「PL-7L」以来、同社にとって30年ぶりのアナログプレーヤーとなる。 また、DJ向けCDプレーヤーなどを手掛ける同社は、ターンテーブルユーザーのニーズを調査、使いやすさを追求した操作レイアウトを採用。DJ機器メーカーとしてのノウハウと、オーディオメーカーとしての高音質技術により、クラブシーンで求められる操作性と高音質を両立させたという
ハイレゾとLPの二極化しそうな気配のオーディオ界だが、LPの復調にあわせてこういう製品も出るようになりました。これはなかなか時流を読んでるよね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック