FC2ブログ


2014年08月27日 (水) | Edit |
MicrosoftがSurface 2を100ドル値下げ、厄介払いか?
http://jp.techcrunch.com/2014/08/26/20140825microsoft-cuts-the-price-of-the-surface-2-by-100/
Microsoftが同社のハイブリッドタブレットSurface 2を100ドル値下げし、この消費者製品の価格がわずか349ドルになった。これまでの経緯を見ると、状況はほぼ明らかだ。Microsoftはどうやら、厄介払いをしたいのだ。Ars TechnicaのPeter Brightも同意見で: “Surface 2がいつの間にか消えても、驚かないね。今後Microsoftは、Surface 2などをベースに、もっと用途や目的性の明確な製品を出さないと、だめだろうね”、と言っている。Surface 2が出たときは、先代よりずっと良くなってるから、売れそうだと感じた。でも結局、Surface 2は、大衆の心に火をつけることができなかった。だから今回の、ゆっくりとした退場も、意外ではない。しかしSurfaceプロジェクトそのものは、短命に終ることはないだろう。Surface 2の製品企画そのものが、そのコンポ用オペレーティングシステム同様、健康体でなかったのだ
水平分業を旨とするマイクロソフトがいきなり垂直統合をしようとしたところがすでに破綻していた。メーカーからは非難轟々だし、肝心の消費者からはそっぽを向かれた。RTなんか失敗作のさらに失敗作だから3万円以上出して買うバカはいない。さらにSurface 3にしたところが、魅力的になったわけではまったくない。Windows8の失敗は覆い隠すことができないほど無残だ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック