FC2ブログ


--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年08月28日 (木) | Edit |
アップル、9月のiPhone 6発表会で「iWatch」を発表へ:米メディアが報道
http://www.gizmodo.jp/2014/08/9iphone_6iwatch.html
アップルは米国9月9日開催が予想されるiPhone 6発表会で、長い間開発が噂されてきたウェアラブル・デヴァイスを発表するとRe/codeがレポートしています。このウェアラブルはみんなが期待している「iWatch」のようで、アップルのフィットネス・プラットフォームHealthKitと、スマートホーム用プラットフォームHomeKitとも連動しているデヴァイスだそうですよ。もし9日にiWatchが発表されれば、最近ではデベロッパーのコミュニティサポートにチカラを入れてきたアップルにとって、既存製品のアップデートやヴァージョンアップではない久しぶりの新製品カテゴリーの誕生。発表会ではアップルのデザインの真髄にふれられそうです。そしてInternet of Things(IoT)の分野の話題作りでは他社に遅れをとっているアップルですが、iWatchでどれくらい巻き返しを図れるのか、こちらも今後が楽しみです。9日の発表までまだ何が起こるか分かりませんが、徐々に盛り上がってきました
話題作りで後れを取っているというが、もともとスマートウォッチのうわさが出たのはiWatchが先だ。他のクソ企業はそのうわさをききつけて我先に真似をしただけだ。その証拠に、いま出ているスマートウォッチのどれひとつとしてクールなものはない。クールどころか使い物にならないクソ製品だ。ジョブズだったら0.1秒で窓から投げ捨てるだろう。中には、人の発汗を考慮しておらず接点が汗で錆びついてしまうバカげた製品もある。そして、アップルが発表したとたん、バカどもは今まで製品化したものを放り出して、すぐさまアップルの模倣品を作るだろう。だが、真似のできないもの、そしてそれが一番重要なのだが、腕から取得した健康データを蓄積し持ち主にフィードバックしてくれるクラウド上のプラットフォーム、すなわち「HealthKit」だ。iWatchはこのHealthKitのセンサーにすぎない。スマートウォッチだけを出して喜んでいるバ韓国のバカ企業どもが逆立ちをしてもiWatchに勝てないのは、ここを無視しているからだ。iWatchとHealthKitをトータルで評価しなければ、本質を見誤ることになるだろう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。