FC2ブログ


2009年12月12日 (土) | Edit |
JASRACに激怒するドラマー・ファンキー末吉 料金徴収法に"公開討論会"を提言
http://www.cyzo.com/2009/12/post_3366.html
なんというグッジョブ。
現行の包括的利用許諾契約では、飲食店などで楽曲を流す場合、店の大きさと演奏時間のみを記入するようになっており、これではどのアーティストの楽曲を使用したかが不明なまま料金を徴収していることになる。JASRACでは、特定のモニター店でサンプリングしたデータを元に、使用料を還元しているというが、「これでは絶対に著作権者に還元されるはずがない!!」とファンキーは憤る
そのとおりなんですよ。この不明瞭極まりないしくみのせいで著作権料はそのほとんどが著作者に還元されず、天下り理事らの懐に入っていると思われます。公取委がダメ出ししても開き直っているんでどうしようもないです。著作権ヤクザとはよく言ったものです。がんばれ!ファンキー末吉。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック