FC2ブログ


2014年09月16日 (火) | Edit |
Windows Phoneは“大”Windowsに呑み込まれて消滅、しかしWindows 9は通常のデスクトップを強調
http://jp.techcrunch.com/2014/09/13/20140912a-better-look-at-whats-next-for-windows/
今週はWindowsに、二つの重要なことが起きた。まず、Microsoftが長年押してきたブランドであるWindows Phoneの消滅が、いよいよ確実になってきた。そしてWindows 9に関する大きなリークがあり、その詳細が一挙に明らかになった。この二つのできごとは互いに関連している。Microsoftは以前から、WindowsとWindows RTとWindows Phoneを統一することを、まわりから期待されていた。同社も、オペレーティングシステムは三つも要らない、と言っていた。Microsoft自身がWindows Phoneを単にWindowsと呼び始めたことも、PhoneをWindowsという大きな世界に呑み込もうとする同社の戦略の表れだ。一方、Threshold(==Windows 9)のリークは、まさに予想どおりだ。Metroの要素の一部が、デスクトップの補強材へと融合している。これらの、Windows 9と思われるリーク画像には、これまで噂されていたことのすべてが実装されている
Windows9にタッチ機能は残るのだろうか?だとしたらやっぱりクソだ。さらにメトロ(?)の一部が残ることも不満だ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック