FC2ブログ


2014年09月16日 (火) | Edit |
新ウエアラブル端末「Apple Watch」はアップル的な特徴が盛り込まれた期待どおりの出来
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20140910/1141944/?P=3
ウエアラブルデバイスの利用方法で重要なのは、健康管理とエキササイズの記録だ。Apple Watchの背面には、センサーやフォトダイオードが組み込まれており、心拍数、加速器、ジャイロスコープ、GPS(iPhone側)のデータと合わせてユーザーの運動量や強度などを記録できる。 基本的な項目は他の健康管理型ウエアラブルデバイスと似ているが、アップルは著名な米国の病院であるメイヨー・クリニックと提携しており、今後、健康管理アプリの内容をさらに充実させていくと予想される。一部では、アップルがiPodを通して音楽業界を変えたように、今度はApple Watchでヘルスケア業界を変えるのではないかとも言われる。このあたりは、今後の動きを見守る必要があるだろう
この著者の眼力が確かなのは、この記述を忘れなかったことだ。ほかのレビュー記事はApple Watchのみの機能と外観のみに終始していて的外れだ。
コミュニケーションには、いろいろ楽しい仕組みも用意されている。絵文字を自分で作り替えたり、スケッチを描いたりして相手に送ることもできるが、面白いのは、振動を送信できる点。画面をタップすれば、それが相手にも振動として伝わるのだ
これはおもしろいなー。これこの記事ではじめて知った。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック