FC2ブログ


2014年09月17日 (水) | Edit |
絶対に欲しくなるiPhone 6とiPhone 6 Plus - OS X Yosemiteとの連携に、Appleの魔法を見た!!
http://news.mynavi.jp/articles/2014/09/17/iphone/003.html
最初の「魔法」は、ついにOS XとiOSの間でファイルの送受信が可能となったAir Dropだ。データのやり取りに際してはWi-Fiの環境があれば良い。ためしにiPhoneのカメラロールに収められた写真をMacBook Proへと送信してみた。送りたい写真を選んで、画面左下の共有ボタンをタップ。送信できる対象となるデバイスが一覧表示されるので、送りたい機器を選んでタップ。すると送信が開始される
なるほど。まぁ、便利ちゃ便利だけど、Dropboxで実現してる感じ。次の魔法は、
書きかけで放っておいたメールが気がついたらMacの「メール」の「下書き」に入っていた。特に何も設定しないで、iPhoneのほうで書いたテキストを放置していたのだが、勝手にMacのほうに送られていた。送られていたというより「同期した」と言うのが適切なのだろうか、とにかく同じものがMacの「メール」の「下書き」にあった。メールだけでなく、「Pages」などのファイルも作業中のものをMacへ引き継ぐことができる。これらの機能は「Handoff」と呼ばれ、1つのデバイスで開始した作業を同じiCloudアカウントを使用するほかのデバイスで直ちに再開できるというものだ
なるほど。これは便利だ。言われてみればいままでなかったことが不思議だ。最後に、
かかってきた電話をMacでとって通話できるというものだ。FaceTimeオーディオのように通常の電話を扱えるのであるが、所謂VoIPアプリを使ってのそれとは感覚的に違うのだ。向こうがかけてくるのは固定電話からだったりするわけで
これはどうなのか?ヘッドセットが必要だったりするんだろうか?だったらスマホで通話した方が断然いい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック