FC2ブログ


2014年10月30日 (木) | Edit |
パズドラ人気、正念場 お金使うユーザー減少、海外に力
http://www.asahi.com/articles/ASGBY4JXKGBYULFA00H.html?iref=comtop_6_01
ガンホーの売上高の9割前後を占めるのがパズドラだ。8月に3千万DLを突破した。日本のスマホ契約者の2人に1人がDLした計算になる。だが、実際に遊ぶ人の数をあらわす月間利用者数は、半年近く横ばい傾向だ。しかもここ数カ月は、お金を払う利用者の割合も減った。利用者がゲームに飽きてやめたり、ゲームがうまくなってお金を使わなくなったりしているとみられる。パズドラがデビューしたのは12年2月。このころは、携帯電話向けゲームで1万円を超えるような高額課金を誘う「コンプガチャ」が問題視されていた。そこでガンホーは、目先の収益を追うより、1人あたりの平均課金額を5千円以内に抑え、長く遊んでもらう戦略をとった
ひとつのゲームに社運がかかっている収益構造は、非常に不健全だ。今のガンホーの姿はミクシィの未来でもある。ミクシィもSNSが飽きられでモンストで息をしたが長くは続かない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック