FC2ブログ


2014年10月30日 (木) | Edit |
ヨーロッパでWindows Phone一人負け―日本ではAndroidがiOSのシェアを大幅に奪う
http://jp.techcrunch.com/2014/10/30/20141029kantar-september-2014/
Kantar Worldpanel ComTechが9月までの3ヶ月のスマートフォンの販売台数のOS別シェアのデータを発表した。この中で注目すべき動向は、Windows Phoneのそれでなくても小さいシェアがヨーロッパでさらに減ったという点だ。ヨーロッパの主要5市場(イギリス、フランス、スペイン、イタリー、ドイツ)のすべてでAndroidとiOSがいずれもシェアを伸ばす中、 Windows Phoneは5カ国合計で0.3%ポイントの減少となった。市場ごとの内訳を見ると、イタリーだけはWindows Phoneのシェアが対前年同期比で増加している(1.5ポイント)。Windows Phoneのイタリーでのシェアは15.2%で、Androidの71.8%に次いで2位だ。しかしWindows Phoneが好調なのはイタリーだけだ。他の3市場では微減、ドイツでは8.5%から7.1%と1.4ポイントの大幅減となっている
ヨーロッパでのAndroidは圧倒的だなー。こんなに差があるのか・・・。ドイツ人やスペイン人はiPhone嫌いなのかな。日本ですら相当シェアが食われてるな。まぁ、これはパソコンでもそうだったから水平分業が勝つのは当然と言えば当然のなりゆきだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック