FC2ブログ


2014年11月25日 (火) | Edit |
物のインターネット(IoT)をRaspberry Piの簡便なデフォルト機能にしてしまうWeaved
http://jp.techcrunch.com/2014/11/25/20141124weaved-hauls-your-raspberry-pi-projects-online/
要するにこのサービスとWi-Fiを使って、RaspPiのボードがプライベートなIoTネットワークのセキュアなノードになるのだ。そのPiにログインすると、そのボード上のいろんな入力からの通知が得られる。それは従来、Raspberry Piにかぎらず電子製品プロジェクトのいちばん面倒な部分だった。そこでいわばWeavedは、そのためのAWSのような役を演じようとしている。“IoTの便利屋/何でも屋のようなサービスがあるべきだ、とずっと思っていた。サーバのこともネットワーキングもモバイルもセキュリティも、ファームウェアの開発も何も知らない人が、気軽にIoTできるために”、とKoyamaは言う。無料バージョンではPiを一つしか使えないが、有料なら何基でもよい。サービスの利用はここで申し込む。Raspberry PiからiPhoneに通知が行くなんて、なんか新しい世界が開けたみたいだが、そもそも完全なコンピュータを小さな名刺ケースに〔原文: Altoidsの缶に〕収めるなんてことも、ちょっと前までは狂人の戯言(たわごと)だった
ふーむ、よくわからんがラズパイにはすごい可能性があるってことだな。スマホのように小さな筐体に入るくらいだから当然ラズパイくらいのサイズのPCは可能なはずだ。今の時代ならね。それを考えると、旧Mac Proは確かに大きすぎるよなー。あのデザインを継承した半分くらいのMac Proを出して欲しいぞ。アルミヒートシンク側板付きのファンレス仕様で。

20141125-001

      ▲こんなイメージのPCケースで
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック