FC2ブログ


2014年12月10日 (水) | Edit |
年末商戦の売れ筋家電 逆境ソニー「4K」で輝く
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO80499650U4A201C1X11000/
個人消費の行方が注目される中、冬のボーナス商戦は――。日本経済新聞社は11月下旬、有力家電量販店6社を対象に、売れ筋家電の予測調査を実施した。「4Kテレビ」はいち早く市場開拓に動いたソニーが強い。同社はエレクトロニクス事業の構造改革が課題となっているが、全ての量販店が同社製の4Kを売れ筋の1番に挙げた。スマートフォン(スマホ)、タブレット(多機能携帯端末)では米アップルが圧倒的な支持を集めている
ソニーには頑張ってほしいぞ。
米アップルの「iPhone6」を推す声が圧倒的だ。驚くほどの新機能はないと評されるが、画面サイズが4.7型と一回り大きくなり、動画鑑賞やゲームがしやすくなった。「6」の人気にはおよばないものの、5.5型画面を備えた「iPhone6プラス」がそれに続いた。スマホとタブレット(多機能携帯端末)の中間サイズで、ワイシャツの胸ポケットには入らないが、かばんに入れることが多い女性からは一定の支持を集めている。見やすさからシニアの注目度も高いという。国産メーカーではソニーモバイルコミュニケーションズの「エクスペリアZ3」が売れ筋だ。2070万画素の高解像度カメラやハイレゾ音源再生など機能面が充実している。ソフトバンクモバイルが取り扱いを始め、携帯大手3社全てで利用できるようになった。
iPhone5sが一定の人気を保っているのは驚きだよね。あのサイズがいいという人が多いのだろう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック