FC2ブログ


2014年12月11日 (木) | Edit |
ネット上における動画広告の視聴数のうち23%はボットによる再生だったことが判明
http://gigazine.net/news/20141211-bot-web-video/
YouTubeやDailymotionなどでムービーの視聴時に表示されるインストリーム型の広告や、サイト内の広告枠にムービーが流れるディスプレイ型の広告は「動画広告」と呼ばれていて、バナー広告やリスティング広告といった他のインターネット広告とは違いユーザーに大きなインパクトを残せるのが特徴ですが、「Association of National Advertisers」と「White Ops」が共同で行った調査から、動画広告の視聴数の23%はボットによる再生だったことが判明しました。2011年ごろから急成長を始めた動画広告は、BI Intelligenceによると2013年は28億ドル(約3335億円)の売上があり2016年には50億ドル(約5955億円)に到達する見込み。日本国内においても、サイバーエージェントが調査したところ、2014年の市場規模が約300億円で、2017年には約880億円に到達する見込みという巨大市場に成長しつつあります
あのおかしなバ韓国人の動画もどうせボットだろ。あんなに再生されるわけがない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック