FC2ブログ


2014年12月17日 (水) | Edit |
話題のHP“200ドルPC”、約220ドルで国内登場——Stream 11
http://ascii.jp/elem/000/000/960/960866/
日本ヒューレット・パッカードは12月17日、Streamシリーズの新製品 11型ノートPC「HP Stream 11-d000」を発表した。米国では2014年9月に発表済みで、199.9ドルという安価さから「200ドルPC」「199ドルPC」などとして話題になった。国内での直販価格は税別で2万5800円、つまり約220ドルとなる(税込2万7864円)。Streamは「クラウド世代の新スタイルPC」としてヒューレット・パッカードが展開するブランド。外出先などでクラウドサービスを利用するスタイルを開発の前提とし、ストレージ容量やプロセッサー、メモリーといったハードウェアは“必要十分”にとどめ、デザインや携行時の丈夫さなど、現代のPCライフに適合する仕様にしているのがブランドの大きな特徴。ハードウェア以外にも、OSにWindows 8.1 with Bingを採用することで価格も安価に抑えている
私はこのChromebookにまったく魅力を感じない。スタンドアロンで動作しないPCなんかPCじゃない、という旧態で頑固な思想の持ち主なのだ。たとえば、ゲーム。LinuxならwineでWindows用ゲームが走る。Diablo3も動く。これひとつとってもこのChromebookは買い物の対象になりえない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック