FC2ブログ


2014年12月17日 (水) | Edit |
NHK、立体映像カメラ実現に向けた3次元構造撮像デバイスを開発
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20141216_680555.html
NHKは、眼鏡なしで視聴可能な立体映像を撮影できるカメラの実現を目指した「3次元構造撮像デバイス」を開発した。東京大学生産技術研究所と共同で開発し、米国で開催されている2014 IEEE International Electron Device Meetingで報告した。立体映像の撮影には、2次元の映像をはるかに超える画素数が必要になるが、一般的な撮像デバイスでは画素数を増やすと信号出力に時間がかかり、フレームレートが低くなる。新デバイスは、高画素と高フレームレートを両立できることが特徴
ふーむ、3Dって映画では実現できてるのにテレビ用カメラになるとこうも難しいのだろうか。つーか、2次元カメラ2台で左右の目の間隔で配置して同時に撮ったんじゃダメなんだろうか。ダメなんだろうなー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック