FC2ブログ


2014年12月22日 (月) | Edit |
日本の「ハイレゾ」ロゴ、世界へ。オーディオ協会と米国CEAが協力
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20141218_681016.html
米国家電協会(CEA)と日本オーディオ協会(JAS)は17日(米国時間)、ハイレゾオーディオ(High-Resolution Audio/Hi-Res Audio or HRA)市場の拡大に向け、共同でデバイスやコンテンツのプロモーションを行なう新たな協力関係を結んだと発表した。これにより、JASが日本国内で会員企業に展開している「ハイレゾロゴ」をCEAの会員企業も利用することとなる。JASは、6月にハイレゾを定義。48kHz/24bitなど、サンプリング周波数と量子化bit数のいずれかがCDスペック(44.1kHz/16bit)を上回っているだけでなく、デジタル系では96kHz/24bit以上の信号処理性能、アナログ系ではスピーカー・ヘッドフォン高域再生性能:40kHz以上で、生産若しくは販売責任において聴感評価が確実に行なうことなどを義務付けている。それらの基準を満たした製品については、「ハイレゾ」ロゴを付与して販売可能としている
すばらしい。日本のロゴが世界へはばたくのか。胸熱だな。