FC2ブログ


2014年12月25日 (木) | Edit |
Windows 10はタッチファーストをどうコントロールするか?
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/552963/122200027/?top_tl1
使うアプリケーションが以前と変わっていないのだから、そこにタッチが入ってきても混乱するだけという面もあるのだろう。もちろん、タッチ対応パソコンはコスト高でもある。かくして企業のタッチファースト化は、なかなか進まない。従業員もそんなものだと思って仕事を続けている。ただ、一般的なユーザーは、スマートフォンやタブレットなどで、タッチの感触を知ってしまった。その感触を仕事用のパソコンで得られないのなら、その部分を自分自身のデバイスで補おうと思うようになる。その結果、BYODやシャドーITが台頭してくることになる
デスクトップPCにタッチ機能は必要ない。これは私がここ2年このブログで言い続けてきたことだ。もしWindows10にタッチ機能が残っているとしたらマイクロソフトはWindows8の失敗から何も学んでいないのだろう。私はそういうどっちつかずのOSが許せない。デスクトップはデスクトップOSとして、タブレットはタブレットOSとして切り離すべきだ。そうすればコードも少なくて済みバグも少なくなるだろう。どうしてマイクロソフトはこの単純な真理に気づかないのだろうか。もしマイクロソフトがWindows8のコンセプトを引きずるようならもうダメだろう。