FC2ブログ


2014年12月26日 (金) | Edit |
スマートフォンシェアが落ち続けるサムスン電子、2015年の戦略は?
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/549762/121900018/?top_tl1
2015年にサムスン電子はまず、最先端技術を集約した「GALAXY S6」を発売し、それから低価格端末「GALAXY Aシリーズ」を発売するという。サムスン電子が日本で先行発売した最新のスマートフォン「GALAXY Note Edge」は、端末の側面部分にフレキシブルディスプレイが付いた、業界最高水準の約540ppi、QHD+AMOLED 2560×(1440+160)の高画質ディスプレイが大きな特徴。韓国メディアがサムスンの“秘密兵器”と賞賛した端末だ。しかし2015年は、Edgeのようなハイエンド端末ばかり追求するのではなく、新興国向けの大画面スマートフォンも計画している。韓国メディアによると、サムスン電子は同じスペックで画面のサイズだけ違う機種を発売するという。大画面スマートフォンの需要が伸びていることから、5インチと5.7インチに分ける可能性が高い
GALAXY Note Edgeが秘密兵器とはバカげた妄想だ。あんなデザインの破綻してスマホを買う人のセンスを疑わざるをえない。まぁ、どっちにしろ15年のサムチョンの没落ぶりが楽しみだ。