FC2ブログ


2015年01月28日 (水) | Edit |
マイクロソフト、グーグルが言語の壁に挑む
http://ascii.jp/elem/000/000/971/971073/
かつてはSFの専門領域であった同時通訳が、まもなく世界中の人々が使う現実のコミュニケーションツールとなるだろう。先月、マイクロソフトの通話サービスSkypeで英語とスペイン語間の同時通訳が始まった。両言語の話し手が自分の母語で話すと、その内容がすぐに聞き手の言語に翻訳されるというものだ。それに応えるように、グーグルは自社の翻訳アプリがまもなくアップデートされ、類似の機能を持つようになると発表した。同時音声通訳は、テクノロジーの追求において、コミュニケーションの障壁を取り除く最も高度なステップだ。あなたは既にChromeの自動翻訳機能を使って、例えばロシア語のページを英語に翻訳したことがあるかもしれない。マイクロソフトのBing Translationは、TwitterやFacebookに同様の翻訳機能を提供している

今年は同時音声通訳元年ですね。これからどんどんかしこくなっていくものと思われます。すばらしい時代になったものです。これで日本人も世界に羽ばたける?