FC2ブログ


2015年02月10日 (火) | Edit |
カメラのフラッシュを当てると動作停止するデスフラッシュ現象が「Raspberry Pi 2」で発生
http://gigazine.net/news/20150209-raspberry-pi-2-crash/
2015年2月1日に発売されたシングルボードコンピュータの最新モデル「Raspberry Pi 2」にカメラのフラッシュを当てると突然クラッシュするという謎の現象が発生することが判明しました。PeterOというユーザーがRaspberry Piの公式フォーラムに投稿した内容によると、フラッシュをたいてRaspberry Pi 2を撮影したところ突然動作が停止したとのこと。動作が停止した直後は何が起こったのかわからなかったそうですが、撮影を何度か試すうちにカメラのフラッシュがRaspberry Pi 2のクラッシュを誘発する、という結論に達しました。(中略)jdbというユーザーが公式フォーラムに書き込んだ内容によれば、基板上のU16にある「NCP6343」という部品がフラッシュの光を浴びると誤作動するためクラッシュしてしまうとのこと。U16にブルタックのような粘着ラバーを貼り付けるとクラッシュを防げるそうで、実際に実践した様子は下記のムービーから確認可能です
えー、そんなことがあるのか。