FC2ブログ


2015年02月27日 (金) | Edit |
コマンドプロンプトが高機能化した、Windows 10
http://ascii.jp/elem/000/000/983/983958/
Windows 10のコマンドプロンプトはいろいろと強化され、使いやすくなっている。一番大きなポイントは、コマンドプロンプト内でコピー&ペーストのショートカットキーが使えるようになったこと。Shiftキーと矢印キーを使って文字列を選択することも可能だ。コマンドプロンプトの状態によっては、特定の文字列を選択することができないが、その時はCtrl+Mキーを押し、選択モードにすればいい。Shiftキーを押しながら矢印キーを押したり、マウスをドラッグすることで選択できる。「実験用」として、いろいろな機能も新搭載された。ウィンドウサイズを変更するとメモ帳のように自動的にテキストを折り返して表示したり、背景の透明度を変更できるようになった。初期設定では、コマンドプロンプト内でマウスを使い範囲選択すると、画像編集時のように四角形に切り取られる。しかし、実験用設定の「テキスト行の選択を有効にする」にチェックすると、ワープロのように行ごとの選択が可能になるのだ
せめてbush並みの機能は欲しいところ。TABでファイル名を補完してくれる機能とか、シンボリックリンクとか。