FC2ブログ


2015年03月03日 (火) | Edit |
ドコモも懸念 “聖域”踏み込むApple SIMの足音
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83079680S5A210C1000000/?df=4
例えばApple SIMのモデルを考えてみよう(図3)。従来は各モバイル事業者が、自社のネットワークに対応したアップル製品をそれぞれ販売していた。モバイル事業者がアップル製品を売ることで、ユーザーとの接点を直接築いていたわけだ。それがApple SIMのモデルでは逆転する。ユーザーはアップル製品からモバイル事業者を選択する。すなわちアップルがモバイル事業者のネットワークを販売する形になる。ユーザーとの接点はアップルが握り、ネットワークは二義的な存在でしかなくなる。モバイル事業者の市場に対する影響力や主導権は薄れていく
それはいいことだ。今のスマホ料金は高すぎる。少しでも安くなればそっちの方がいい。