FC2ブログ


2015年03月26日 (木) | Edit |
Windows 10に「枯れる」日は来るのか?
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/552963/032300039/
Windows 10は開発が完了したところで、きっと一斉に一般配布されることになるのではないかと予想している。しかもその対象はWindows 7以降の全Windowsだ。アップデートに際する費用はかからない。これによって、マイクロソフトはOSの断片化を一気に解消するつもりでいるのかもしれない。そして、以降、Windows 10は枯れた状態になることなく、日々、進化を続けるプラットフォームになる。つまるところは「転がる石には苔(こけ)が生えぬ」状態がずっと続くことになりそうだ。これをネガティブに捉えるか、ポジティブに捉えるか。もし、組織のITを任されている立場にいるのであれば、ここをどう考えるかが組織そのものの力を左右することになるだろう
そういうことなんだろうか?ということはWindows11は出ないということ?うーん、よくわからん。