FC2ブログ


2015年03月26日 (木) | Edit |
Microsoftがより安価な「Surface」を開発中、搭載OSは機能制限なしの完全版Windows
http://gigazine.net/news/20150326-new-cheap-surface/
Microsoft製のWindows RT搭載10インチタブレットPCが「Surface 2」で、これの後継機となる新しい「Surface」をMicrosoftが開発中であることが明らかになりました。開発中の端末はWindows RT搭載のSurface 2の後継機という位置づけではあるものの、Windows RTが搭載されることはないようです。Surface 2は2013年10月25日に販売された端末で、前モデルとなるSurface RTを改良したモデルとなります。その後の2014年に発売されたSurfaceシリーズ最新モデルがSurface Pro 3で、これがリリースされた際にはWindows RT搭載モデルは発表されませんでした。よって、現在Microsoftから販売されているWindows RT搭載端末の中では、Surface 2が最後のモデルということになっています。Microsoft関連のニュースを中心に取り扱うニュースサイト「WinBeta」が確かな情報筋から得た情報によれば、MicrosoftはSurface 2の後継機となるより安価で購入可能なSurfaceの開発に取り組んでおり、これにはWindowsの一部機能を制限したWindows RTを搭載する予定はないそうです
Surface Pro 3の廉価版なのでしょうか。