FC2ブログ


2015年03月26日 (木) | Edit |
横浜Apple技術開発拠点の役割は? ヘルスケア、自動運転車……さまざまな観測
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1503/26/news077.html
米アップルは25日、横浜市港北区にあるパナソニックの工場跡地に技術開発センターを建設すると発表した。2016年に完成する予定で、1万2500平方メートルの敷地に4階建て、延べ床面積が2万5000平方メートルの施設を建設する。アップルはすでに工場跡地の一部を取得した。建設する技術開発センターは、エネルギー使用量を抑えた設計とし、敷地内に1200本以上の樹木を植えるなど環境に配慮した施設にする。同センターの役割について、アップルジャパン広報部は「何をするかコメントできない」としている。 人気のスマートフォンの「iPhone(アイフォーン)」や、タブレット端末の「iPad(アイパッド)」の内部には国内メーカーの部品が多く採用されている。携帯電話業界では横浜で新たな部品を開発するとの指摘もある。また、アップルが力を入れているヘルスケアや、自動運転車などの開発を横浜で行うとの観測もある。アップルは米国以外の研究開発拠点について明らかにしておらず、横浜のように場所や規模を明示したのは異例だ
ということです。さまざまな観測なんですね。