--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月02日 (土) | Edit |
大手マスコミはなぜ記者会見開放に反対するのか-記者クラブ問題座談会
http://www.j-cast.com/2009/12/29057100.html
オープン化を阻んだ「犯人」はだれか?
政権のスポークスマンである平野博文官房長官は、開放を阻止するために動いたと言われている。既存のマスコミの力はまだまだ大きく、政権交代はマスコミが作り出した世論で実現したという部分もある。平野官房長官としては「新聞やテレビを敵に回したくない」という思いがあったのではないか
政権かわいさでオープン化を阻止したのは許せない暴挙です。「記者クラブ開放は俺がつぶす」と言っていたそうですからね。記者クラブがオープン化に反対する理由は何か
本音でいえば、既存メディアが持っている「既得権益」を侵されたくないということだろう
これに尽きるわけですよ。今後については、鳩ポッポは12月24日の会見で、
記者会見の開放に関しては、来年からもっと開放されるようにやるようにと、申し伝えているところであります。本来ならば100日前にやらなければならないことでありましたがが、なかなか諸事情、スペースの問題もあって進んでいないことは申し訳ないと思っています。どうせ信じていただけないかもしれませんが、このことに関しては私の決意は変わっていません
と言っているので一縷の望みはありますが、これとて発言の軽い首相のこと、真に受けたらバカを見ます。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。